あいみょんに“パクリ疑惑”浮上も、なぜか好意的なコメントが多い意外な理由

あいみょん「マリーゴールド」にパクリ疑惑浮上 メダロット2BGMにそっくりと指摘

記事まとめ

  • あいみょんが、『紅白歌合戦』で歌った「マリーゴールド」にパクリ疑惑が浮上した
  • ゲームボーイソフト『メダロット2』のBGMにそっくりとの指摘がSNSなどであがった
  • 「メダロット2」のコアなファンたちから、あいみょんに好意的なコメントが目立つとか

あいみょんに“パクリ疑惑”浮上も、なぜか好意的なコメントが多い意外な理由

あいみょんに“パクリ疑惑”浮上も、なぜか好意的なコメントが多い意外な理由

あいみょん

 昨年おおみそかの紅白歌合戦に初出場を果たしたシンガーソングライター・あいみょんだが、紅白で歌った「マリーゴールド」にパクリ疑惑が浮上し、ネット上で騒動になっている。

 同曲は昨年8月に発売されたあいみょんのメジャー5枚目のシングル。夏の風景に男女の恋愛模様を重ねたラブソングで、あいみょん自身は歌詞を「切なさが全面に出てる」と評していた。

 オリコン週間ランキングでは最高位が25位とふるわなかったが、発売後、ジワジワ人気が急上昇。YouTubeの公式動画の再生回数は現在までに4700万回を突破したが、ここに来て、再生回数がアップし始めているのだ。

 「2月末ごろ、ネット掲示板やSNSでは『マリーゴールド』が1999年発売のゲームボーイソフト『メダロット2』のBGMにそっくりだとの指摘があり、瞬く間にパクリ疑惑が拡散。たしかに、メダロット2のBGMにあいみょんの歌詞を当てれば曲が完成するレベル。騒動勃発後、YouTubeの再生数やコメントがかつてない勢いで伸び続けている」(音楽業界関係者)

 パクリ元とされているゲーム「メダロット2」は、99年7月発売のロールプレイングゲーム。近未来を舞台に、メダルで動くロボット「メダロット」たちと、メダロットを悪用し世界征服を目論む「ロボロボ団」のバトルが描かれる。

 とはいえ、どうやら、同ゲームにはかなりコアなファンたちがいた模様。YouTubeの「マリーゴールド」のコメント欄には、「メダロットを思い出させてくれてありがとう」、「メダロットからあいみょん好きになった」、「作詞 あいみょん 作曲 メダロットで解決じゃないか??」など好意的なコメントが目立つ。

 今後、あいみょんがパクリ疑惑にどうコメントするかが注目される。

関連記事(外部サイト)