AKB48、「総選挙開催なし」と「NGT問題」で、紅白落選もある? その枠に新グループが入る可能性も

AKB48「総選挙開催なし」と「NGT問題」で紅白落選も 日向坂46が出場の可能性も

記事まとめ

  • AKB48グループが13日、選抜総選挙を今年は開催しないことを公式ブログで発表した
  • NGT48のメンバー山口真帆に対する暴行事件の全容がいまだに未解決でファンは不信感も
  • 紅白の落選もささやかれAKB48を引っ込めて確保した枠に日向坂を押し込むのではと記者

AKB48、「総選挙開催なし」と「NGT問題」で、紅白落選もある? その枠に新グループが入る可能性も

AKB48、「総選挙開催なし」と「NGT問題」で、紅白落選もある? その枠に新グループが入る可能性も

指原莉乃

 AKB48グループが13日、毎年6月の恒例イベント、選抜総選挙を今年は開催しないことを公式ブログで発表した。

 総選挙は2009年から開催されていたが、運営側はブログで「昨年開催10回を数え、大きな区切りを迎えた」と開催しない理由を説明。

 この発表に対し、総選挙で前人未到の3連覇、4度のVを達成しているHKT48の指原莉乃は同日、自身のツイッターを更新。「総選挙でみなさんに知ってもらえた自分としては…総選挙に向けて努力しているメンバーもファンの皆さんのこともわかっているので複雑」と胸中を吐露した。

 「主力メンバーが続々と卒業し、投票数は増えても年々盛り下がっていた。さらには、総選挙では必死になってシングル選抜入りを果たすのに、それ以外のシングルはいとも簡単にセンターや選抜を決めることに対して、メンバーやファンからは不満の声が挙がっていた」(音楽業界関係者)

 AKB48グループといえば、昨年12月に発生した、NGT48のメンバー・山口真帆に対する暴行事件の全容がいまだに未解決。近日中にも第三者委員会の調査結果が発表されると思われるが、運営側の後手後手に回った対応に、メンバーやファンは不信感を募らせていた。

 「NGT問題は大きなマイナスポイント。そこで、ささやかれるようになったのが、紅白の落選です。秋元康氏のプロデュースという範疇でくくると、昨年紅白の“秋元枠”はAKB48、乃木坂46、欅坂46の3組。今年は坂道シリーズから新たに日向坂46がデビューしただけに、何としても紅白に押し込みたいはず。となると、AKB48を引っ込めて確保した枠に日向坂を押し込むと思われます」(芸能記者)

 紅白には07年から昨年まで11回出場、複数のグループが出場した年もあった48グループだが、今年で09年からの連続出場が途切れる可能性が現実味を帯びてきたようだ。

関連記事(外部サイト)