浅草キッド水道橋博士、爆笑問題太田の“復帰”2ショットに感動の声 「犬猿の仲」は設定?

浅草キッド水道橋博士が"確執説"の爆笑問題太田光と2ショット ファンから感動の声

記事まとめ

  • 爆笑問題の太田光はフジテレビ系『ENGEIグランドスラム』で転倒し、容態が危ぶまれた
  • 昨年11月頃体調を崩し、芸能活動を休止していた浅草キッド水道橋博士は3月に復帰した
  • 博士はTwitterに太田との2ショットを投稿し、ファンから感動の声が寄せられた

浅草キッド水道橋博士、爆笑問題太田の“復帰”2ショットに感動の声 「犬猿の仲」は設定?

浅草キッド水道橋博士、爆笑問題太田の“復帰”2ショットに感動の声 「犬猿の仲」は設定?

水道橋博士の公式Twitterより https://twitter.com/s_hakase

 3日、休養から復帰した浅草キッド・水道橋博士のTwitterに、爆笑問題太田光が登場したことが話題になった。

 太田は3月30日の『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)で、クリームに足を滑らせ顔から転倒し容態が危ぶまれたものの、2日の『火曜ジャンク・爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で復帰していた。一方、博士は昨年11月頃体調を崩し、芸能活動を休止。一時は重病説も流れたが、3月から活動を再開し、4月2日には「明日は殿(ビートたけし)にご拝謁だ。身を清める」と予告していた。

 そして3日、博士は自身のTwitterに太田とのツーショット写真を掲載。「テレビ朝日で、殿に「復帰」のご挨拶。偶然にも太田総理も。『大丈夫?お互いに?』」とコメントを添えた。ビートたけしに挨拶に行ったところ、たまたま太田に出くわしたようだ。

 両者は若手時代、爆笑問題が『ビートたけしのオールナイトニッポン』に代役として出演した際、「ビートたけしは死にました」「浅草キッド文句があるなら来い」と太田が発言したことに博士が激怒。(玉袋は入院中)そこから確執が始まったとされる。

 それでも2010年代頃には、爆笑問題のラジオにキッドが出演することも多くなり、「雪解け」していたものと思われた。しかし昨年、博士とナインティナイン・岡村隆史に確執があり、岡村が「それは誤解だった」と釈明し和解に向かう事態が発生。そこに太田が「博士は責めていた」「岡村は押し切られただけ」などと割って入り、異例の舌戦になり、吉本興業やタイタンが火消しに奔走したことがある。

 そんないわくつきの二人だけに、画像を見たネットユーザーからは「やっぱり仲が良かったんですね」「仲が悪いと思ってたので良かった」「奇跡のツーショットだ!」など感動の声が。一方で、「太田は頭を打って記憶をなくしたのでは」と訝しむ声もあった。

 「重病説」が流れた両者。身体に気をつけつつ、また舌戦を見せてもらいたいものである。

記事内の引用について
水道橋博士のTwitterより https://twitter.com/s_hakase

関連記事(外部サイト)