「はしゃぎすぎでしょ太田さん」ナイナイ岡村、爆問太田の転倒事件の裏側を暴露

ナインティナイン岡村隆史が爆笑問題・太田光の転倒事件の裏側をラジオで語る

記事まとめ

  • 『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』で太田光の転倒事件が語られた
  • 太田は『ENGEIグランドスラム』で転倒、その場に立っていたものの記憶はないよう
  • 岡村は「雰囲気だけであそこに立ち続けて」とプロフェッショナルの力量を称えた

「はしゃぎすぎでしょ太田さん」ナイナイ岡村、爆問太田の転倒事件の裏側を暴露

「はしゃぎすぎでしょ太田さん」ナイナイ岡村、爆問太田の転倒事件の裏側を暴露

ナインティナイン・岡村隆史

 4月4日深夜放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)で、3月30日放送の『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)で起こった爆笑問題太田光の転倒事件について語られた。最初に「なかなかのクラッシュがありまして」と岡村が話し始めた。

 30日の放送には岡村も出演しており、ケーキが爆発した直後で岡村は顔がクリームまみれであったたため、直接の現場は目撃していない。ぱっと見た感じでは「大丈夫かな」と思ったが、本番終了後にあいさつして戻ろうとした時にスタッフから「まだそういう感じではない」と言われたと語った。

 岡村が後から聞いた話では、太田は転倒後にその場に立っていたものの「記憶はまったくない」ようで、それでも「雰囲気だけであそこに立ち続けて」とプロフェッショナルの力量を称えた。

 岡村は「とりあえず無事で何よりだったと思いますけど、ちょっとはしゃぎすぎでしょ太田さん」とも語った。それでも、先月復帰した浅草キッドの水道橋博士の名前を出し、昨年、水道橋博士、爆笑問題太田、水道橋博士の間に巻き起こった「三つ巴のバトル」を引き合いに出し、「またぐちゃぐちゃ言えたらなと思いますけど」とエールを送った。

 さらに、今後は爆笑問題の漫才がハイテンションから落ち着きを得て、「いとしこいしさんみたいになったらええなと思っていますけど」と期待を寄せた。

 これを受け、ネット上では「岡村さんも90年代にコケて骨折しているから他人事ではないよな」「確かに爆笑問題の漫才に落ち着きや変化が見られた面白い」といった声が聞かれた。この日の放送は、放送開始25年を越えて26年目に突入した記念すべき日である(注・岡村単独は2014年10月から)。爆笑問題の番組も20年以上にわたって続いており、長寿深夜ラジオ番組としても、岡村は爆笑問題の太田を意識しているようだった。

関連記事(外部サイト)