「勉強しないんでしょう?」 桜田元大臣への『ミヤネ屋』での発言が“人格否定”と非難集まる

宮根誠司が日本テレビ系『ミヤネ屋』で桜田義孝・元大臣を“人格否定”したと批判続出

記事まとめ

  • 日本テレビ系『ミヤネ屋』で桜田義孝氏が五輪・パラ担当大臣を辞任したと報じられた
  • 宮根誠司は「でもこの方、あんまり勉強しないんでしょう?」と疑問を投げかけた
  • ネット上では宮根などに「人格否定してることに気づいてないのか」と批判が相次いだ

「勉強しないんでしょう?」 桜田元大臣への『ミヤネ屋』での発言が“人格否定”と非難集まる

「勉強しないんでしょう?」 桜田元大臣への『ミヤネ屋』での発言が“人格否定”と非難集まる

画像はイメージです

 11日放送の『ミヤネ屋』(日本テレビ系)で桜田義孝オリンピック・パラリンピック担当大臣が、10日に辞任したことを報じた。番組側は桜田元大臣の経歴やこれまでの失言を取り上げたが、宮根誠司、岩本勉らの発言が元大臣に対する「人格否定では」と批判が集まっている。

 番組では桜田元大臣の人となりを紹介。桜田元大臣は尊敬する人に「徳川家康」「J・F・ケネディ」を挙げ、好きな言葉は「努力に勝る天才はなし」だとした。これを聞いた宮根は「でもこの方、あんまり勉強しないんでしょう?」と疑問を投げかけた。政治ジャーナリストの田崎史郎氏は「いや、勉強されたんじゃないですか。大学は行かれてるわけですし」としつつも、「政治家になってから政治の勉強は、おそらくあんまりされてないのでは」と分析。宮根が「いや絶対(勉強)してないって」と声を荒げる場面があった。

 さらに、岩本は「おそらく現実と理想のギャップがすごいある方やと思うんですよ」と指摘。続けて「尊敬する人に徳川家康とJ・F・ケネディって書いてますけど、たぶん会ったことないと思うんですよ。尊敬する人って会って何か共感を得たものとか、すごく衝撃なことを感じて『この人のようになりたい』とか、そこで尊敬が生まれるものじゃないですか」「肌で感じて感想を持っていない、理想ばかりなので発言が上っ面になるんですよ」と批判した。

 これを受けてネット上では「宮根と岩本は想像で決めつけすぎ。人格否定してることに気づいてないのか」「辞めたからってこき下ろしていいわけじゃないだろうに」「宮根よりは勉強してるだろ」「会ったことなきゃ尊敬しちゃいかんのか?」などと批判が相次いでおり、中には「実際会ってないのに叩くのはいいらしいな」と厳しいツッコミも見られた。

 散々批判を浴びている桜田元大臣だが、今回の『ミヤネ屋』でのやり取りは視聴者からすると“イジメ”に見えてしまったようだ。

関連記事(外部サイト)