「天才の雰囲気で凡人の発言」狩野英孝とフルポン村上の確執に、ザキヤマが秀逸なコメント

「天才の雰囲気で凡人の発言」狩野英孝とフルポン村上の確執に、ザキヤマが秀逸なコメント

狩野英孝

 狩野英孝が16日に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に出演。フルーツポンチ・村上健志と確執があることを明らかにした。

 ドッキリ形式で行われた本企画。狩野は隠し撮りされた飲み会にて、先輩がいるにも関わらず、“自分が中心になりたい”という村上の性格や行動をエピソードを交えて話し、注意してきたが反省の色がないと語る。

 また、村上も隠し撮りされた飲み会にて本音を吐露。謹慎していた狩野から注意をされたくないことや、面と向かって相手に注意することに嫌悪感があり、「陰口こそ美学だと思う」と話した。

 VTR終了後も言い合いとなるが、お互い譲らず平行線のまま。ここで、番組で散々イジリ倒されてきたアンタッチャブル・山崎弘也が仲裁に入ることになった。山崎は「天才の雰囲気がありながら、凡人の発言しかできない人間(村上)をなぜそんなに責めるんですか!」とMCのロンドンブーツ1号2号やスタジオゲストのFUJIWARA・藤本敏史に注意する体を取りながら村上を口撃。どんよりした空気のスタジオを笑いに昇華させた。

 「SNSでは、“ザキヤマ最高すぎる”、“上げ落とし最高”、“天才的なダメ出し”と山崎のポテンシャルを称賛する人が多くいました。それまでのケンカが壮大なフリだったのではないかと思うほどに、ザキヤマがすべてを持って行きましたね」(エンタメライター)

 しかし、反対に好感度を下げたのは村上だ。村上のことを思って注意した狩野に対し、「好みの人間になるしかない」と一刀両断。何を言っても響かない状況に、ネットも“プライドを捨てた方がいい”、“正直面白くない”など辛辣な意見が多くあった。

 「『ゴッドタン』(テレビ東京系)でも取り上げられていましたが、村上の卑屈キャラは今のところ視聴者に嫌悪感を与えるだけ。もう少し笑いに持って行けば再ブレイクもすると思うのですが……」(同上)

 最後まで狩野と村上の仲が良い方向に進むことはなかった。ラストに山崎が出てこなければ、番組もまとまらずに終わってしまっていただろう。今後、2人の仲については番組が介入して行くのか不明だが、しばらくは話題になりそうだ。

関連記事(外部サイト)