山本耕史“デタラメ出産報道”に苦言 第2子誕生を報告「奥さんに感謝」

【堀北真希さんが第2子出産】山本耕史が報告 一部週刊誌の報道には苦言も

記事まとめ

  • 堀北真希さんが第2子を出産したことを山本耕史が囲み取材で明かした
  • 山本は、一部週刊誌で出産予定日など誤った報道が平然となされていたと指摘
  • 「あんま嘘ばっかり書かれても参ってしまう。人ごとのように見ていました」と語った

山本耕史“デタラメ出産報道”に苦言 第2子誕生を報告「奥さんに感謝」

山本耕史“デタラメ出産報道”に苦言 第2子誕生を報告「奥さんに感謝」

山本耕史

 俳優の山本耕史が4月28日、都内で行われた「総合住宅展示場 ハウジングステージ 新宿」のグランドオープンイベントに出席。イベント後の囲み取材で、妻の堀北真希との間に第2子が誕生したことを明かした。一部週刊誌では、出産予定日など誤った報道が平然となされていたとも指摘し、「何ひとつとして本当のことを書いていないものが出てしまっていて……」と報道のあり方にも苦言を呈した。

 山本はこの日、自身の結婚について問われ、「実は諦めていた時期もあるんです」とコメント。「僕は38で結婚したんですけど、若い頃は20代で結婚するものと思っていたので、もう無理かなって思っていたんです。そういう意味では奥さんに感謝です。僕なんかを拾ってくれて」と妻の堀北への感謝の気持ちを述べる。

 その上で第2子の出産時期を問われると、不思議そうな顔をして「もう家族は増えています。全然生まれていましたけど」と苦笑い。報道で事実と異なる出産時期が話題となっていたものの、「自分から言うことでもないし、聞かれたらで」と自分から事実を発信することはなかったといい、「でも、隠すことではないです。家族はもう4人になっています」ときっぱり。

 「はっきり言えないですけど、まだこれから生まれるようなことを言われている時には生まれていたんです。(週刊誌は)何を思って言っているのかなって。あんま嘘ばっかり書かれても参ってしまう。(報道を)人ごとのように見ていました」と心中を明かし、夫人の体調についても、「大丈夫です。どれくらいつらかったとかは、自分が体感できるわけではないのでわからないんですけど、元気です」と笑顔で説明していた。

(取材・文:名鹿祥史)

関連記事(外部サイト)