松本人志、結果的に“浜田愛”が炸裂 若い世代からは称賛も「あの頃はレジェンドだったのに」の声

松本人志、結果的に“浜田愛”が炸裂 若い世代からは称賛も「あの頃はレジェンドだったのに」の声

ダウンタウン・松本人志

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志が8日、自身のTwitterを更新し、相方の浜田雅功をいじってみせた。

 松本は、プラモデルやフィギュアなどが揃う中野ブロードウェイを訪れたことを明かしつつ、「ダウンタウンのフィギュアが売っていた。松本より浜田の方が2000円安かった」と報告。そして、「晩飯 美味かった」と松本らしくユニークに綴ってみせた。

 これを受け、ネット上では「相方に勝ったことを喜ぶまっちゃんがかわいすぎる」「年収億越えの松っちゃんが2000円で喜ぶ庶民感覚がいい」という声が寄せられ、特に10〜20代と思われる若者からは「浜ちゃんが出てくるツイート好きすぎる」「コンビ愛感じます」「仲良しさがいい」と仲の良さを称賛する声が多かった。

 一方で、年配と思われる人からは「丸くなった松ちゃんも好きだけどイメージと違う」「とがってた頃の方が面白かった」「最近は正直面白くない」という声が挙がり、残念がる人も多く見受けられた。

 「最近、松本さんは元HKT48の指原莉乃さんの卒業コンサートに出演したことが話題になりましたが、その際も、若者からは『松ちゃん優しい』『こういう上司憧れる』との声がありました。しかし、昔の松本さんを知っている人たちからは『アイドルのコンサートに出るなんて寒かった』『あの頃はレジェンドだったのに…』との声が寄せられ、変化に戸惑っていた人も多かったようですね。昔のダウンダウンは、大物に楯突いたり、お客さんに毒舌を吐いたり、とにかくはちゃめちゃだったんです。そんなダウンタウンを好きだった人も多いですが、最近はすっかり“いい人”キャラになってしまい、複雑な心境なのかもしれません」(芸能記者)

 松本は昨年12月にもTwitterで後輩に向け、「今年もいろいろありがとうございました。来年も引き続きダウンタウンの酷いパワハラにお付き合い下さい(笑)」とメッセージを発し、明けましておめでとうのメールなどは送らなくていいと後輩を思いやっていた。今では後輩からも頼れる大御所となっているが、昔のようなはちゃめちゃな松本を再び見たいファンもいるだろう。

記事内の引用ツイートについて
松本人志の公式Twitterよりhttps://twitter.com/matsu_bouzu

関連記事(外部サイト)