岡田准一、“キムタクも怒らせた”記者の質問を大人の対応でかわし続け株を上げる

岡田准一、“キムタクも怒らせた”記者の質問を大人の対応でかわし続け株を上げる

画像はイメージです

 V6の岡田准一が主演する、22日から5夜連続で放送されるテレビ朝日開局60周年記念ドラマ「白い巨塔」のPR会見が8日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われたことを、各スポーツ紙が報じている。

 主人公の浪速大学医学部第一外科の教授・財前五郎役を演じる岡田は、イベントで医局員を従えて歩く有名な総回診のシーンを再現。「これより第一外科、財前教授による総回診を行います」とのアナウンスの後、20人の医局員を引き連れて白衣姿で登場すると、集まったファン約800人から歓声が巻き起こったという。

 岡田は、「できるだけ力があふれ出る感じに、脂ギッシュに演じられるか。今は令和ですけど、昭和の男なんで、権力を手に入れようとしたギトギトの男をコッテリに演じたつもりです」と役作りについてコメンント。

 財前が唯一心を許す愛人役の沢尻エリカは、初共演の岡田について、「現場に入って『初めまして、よろしくお願いします』の後にすぐ“ブチュー”って(キスからラブシーンが)始まって。かなりスキンシップが多い役で緊張しました」と告白。「(岡田が)『ジリさん』と呼んでくれる気さくな方で、リードしてくれました」と感謝していたという。

 「役者として円熟味を増している岡田。かつては“問題児”だった沢尻はすっかり丸くなったとはいえ、岡田は扱いにかなり気を遣ったはず。結果、沢尻を喜ばせるような絶妙な対応だったようだ」(テレビ局関係者)

 同作はドイツロケを敢行するほどの力の入れようだが、現地で取った“大人の対応”が関係者の間で話題になっているというのだ。

 「現地に各スポーツ紙の記者を連れて行ったが、そこにいたのが、今年1月の嵐の活動休止発表会見で心無い質問をして話題になった記者。昨年はキムタクも怒らせたようだが、現地で岡田に妻の宮崎あおいや子どものことについてしつこく聞いたという。しかし、岡田はうまい具合に質問をかわし続けたようだ」(芸能記者)

 ドラマが高視聴率を獲得すれば、ますます俳優としての株が上がりそうだ。

関連記事(外部サイト)