不登校小学生ユーチューバー炎上で、茂木健一郎氏に飛び火 度々の炎上は話題作りか

小学生YouTuber「少年革命家ゆたぼん」が炎上 茂木健一郎氏のツイートにも飛び火

記事まとめ

  • 小学生YouTuber「少年革命家ゆたぼん」を名乗る10歳の少年に、ネットでツッコミが殺到
  • 「担任のロボットになりたくない」という主張に、ネット上では「人生舐めすぎ」との声
  • YouTubeチャンネルで少年と対談している脳科学者の茂木健一郎氏にも批判が殺到

不登校小学生ユーチューバー炎上で、茂木健一郎氏に飛び火 度々の炎上は話題作りか

不登校小学生ユーチューバー炎上で、茂木健一郎氏に飛び火 度々の炎上は話題作りか

茂木健一郎のツイッターより https://twitter.com/kenichiromogi

 不登校を掲げる小学生YouTuberが炎上している。「少年革命家ゆたぼん」を名乗る10歳の少年は、小学校3年生の時に「学校で宿題を拒否したところ放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任のロボットになりたくない」といった思いを抱いたようだ。

 ただ、これにはネット上では「人生舐めすぎ」「学校へ行かないのを声高にアピールするってどうなの?」「学校でしか学べないことがあるよね。『我慢』とか」といったツッコミが殺到している。また、不登校は心理カウンセラーを務める少年の父親の影響が強いとの指摘もあり、「担任のロボットになりたくないと言いつつ、親のロボットになってるじゃん」「この動画、自分一人で作ってるわけじゃないだろうし、プロデューサーは親なんだろうな」といった声も聞かれた。

 さらに、YouTubeチャンネルで少年と対談している脳科学者の茂木健一郎氏にも批判が集まっている。 茂木氏は、少年について「学校に行かなくても、学ぶことは無限にできる。社会性も、学校で身につく社会性がすべてじゃない。そもそも同じ年齢の子どもたちだけの『社会』は『社会』じゃない」と5月5日にツイートしている。

 だが、これにも「東大卒の人に『学校がすべてじゃない』って言われてもなぁ……」「この人って無責任にいろんなもの煽るよね」「最悪この子供と親はどうでも良いとして、これでマネする人がいたらどうするの?」といったツッコミが殺到している。

 茂木氏はネットでの発言がたびたび問題視されることで知られ、過去に所得の申告漏れを指摘されると、「倍返しで払った」と開き直りとも取れる発言で炎上したほか、テレビのバラエティ番組で活躍するお笑い芸人全体を指して「日本のお笑いはオワコン」と書き込み、ダウンタウンの松本人志や爆笑問題の太田光から反撃されるなどしている。何かと物議を醸し出す発言をする人物と知られ、「不登校小学生YouTuber」も新たな炎上史に刻まれた形だ。

記事内の引用について 茂木健一郎のツイッターより https://twitter.com/kenichiromogi

関連記事(外部サイト)