“和解”企画は保留中? テレビ各局が花田光司氏になかなかオファーを出せない理由

“和解”企画は保留中? テレビ各局が花田光司氏になかなかオファーを出せない理由

花田光司氏

 角界を引退後、テレビ出演するたびにその発言が話題になっている大相撲の元横綱・貴乃花こと花田光司氏だが、このところ、あまりテレビ番組で見かけることがなくなってしまった。

 直近での出演は11日深夜に放送される、元SMAPの中居正広の冠番組「新・日本男児と中居の放送情報」(日本テレビ系)ぐらいだ。

 「長年にわたる“絶縁状態”が伝えられる母親でタレントの藤田紀子、兄で元横綱・若乃花のタレント・花田虎上に和解を呼び掛けた花田氏。うちの局で3人の共演番組の具体案も浮上していたようですが、どうやら、保留になってしまったそうで、実現は早くても夏以降になりそうです」(日テレ関係者)

 花田氏といえば、以前から今夏の参院選に自民党の目玉候補として出馬する可能性を報じられているが、本人はその可能性を否定し続けている。

 しかし、発売中の「週刊新潮」(新潮社)によると、今月19日に新しい後援会「御縁会」の立ち上げパーティーが行われるという。

 発起人には遠藤利明元五輪担当相、浜田靖一元防衛相、小渕優子元経済産業相らが名を連ねているため、出馬話が再燃。「御縁会」の案内では、政界進出の可能性をわざわざ否定しているというのだが…。

 「出馬すれば当選は確実なので、ギリギリになって出馬する可能性も高い。そうなると、収録したテレビ番組は放送できなくなり、かなりのダメージ。そのため、テレビ各局はオファーを出しにくい状況になっている」(永田町関係者)

 GW中の今月5日には、神奈川県内で行われた小学生向けスポーツイベントにゲストとして参加。玉入れや餅つきなどで子どもたちと交流したというが、“選挙運動”だと思われても仕方ない状況のようだ。

関連記事(外部サイト)