すでに万策尽きた? NHK会長の『いだてん』低視聴率打開策“逆質問”に記者も固まる

NHK上田良一会長が『いだてん』の打開策を逆質問 大河ドラマ史上最低視聴率を更新

記事まとめ

  • NHKの上田良一会長が定例会見で『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に言及した
  • 「特効薬的なものがあったら逆にお聞きしたい」と話したといい、記者は固まったとか
  • 日本人女性初の金メダリスト役の上白石萌歌は役作りのために7キロ増量したことを告白

すでに万策尽きた? NHK会長の『いだてん』低視聴率打開策“逆質問”に記者も固まる

すでに万策尽きた? NHK会長の『いだてん』低視聴率打開策“逆質問”に記者も固まる

画像はイメージです

 NHKの上田良一会長の定例会見が9日、東京・渋谷の同局で開かれ、4月28日の放送回が大河ドラマ史上最低となる視聴率7・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に言及したことを、各スポーツ紙が報じた。

 各紙によると、上田会長は「視聴率で見れば芳しくないが、別の角度から非常に楽しく見させていただいてます」。また、「私は、とてもいい作品だと思ってます。楽しく毎週見てますし、多くの方に見ていただきたいです。当初のイメージの作品を作ってもらいたい」と制作サイドにエールを送ったという。

 同席した制作幹部は、「『いだてん』は、近代をほぼ無名の人物を主人公に描くという我々としても挑戦的な大河ドラマとして作っています。特効薬的なものがあったら逆にお聞きしたい」と話したというのだ。

 「あり得ない逆質問に、現場の記者たちは固まってしまったという。低視聴率を打開する策が尽きてしまい、投げやりになっているような答え方だったようだ」(放送担当記者)

 先月末には、阿部サダヲが日本にオリンピックを招致した男・田畑政治を演じる第2部のキャストが発表されたばかり。

 そのうち、日本人女性初の金メダリスト・前畑秀子を演じる上白石萌歌は役作りのために7キロ増量したことを明かしていただけに、熱演が期待されるが、どうやら、キャストたちと制作サイドの熱量にかなりの“温度差”がありそうだ。

 「視聴率は低迷しているが、ネットニュースでの反響は大きい。ネットには多くのネットユーザーの意見が書き込まれているが、中には今後のドラマ作りや、視聴率アップのためのヒントになりそうなものがたくさんある。そういう意見を活用しても良さそうなものだが」(テレビ局関係者)

 まだ半年以上放送を残す大河だけに、巻き返しが期待される。

関連記事(外部サイト)