苦境のフジの定番企画になりそうなスターの自宅訪問

苦境のフジの定番企画になりそうなスターの自宅訪問

坂上忍

 ミュージシャンのGACKTに密着した、2日放送のフジテレビ系「直撃!シンソウ坂上」の視聴率が、13・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 同番組では、GACKTの謎に包まれた私生活、素顔に迫るべく、MCの坂上忍がGACKTの住むマレーシア・クアラルンプールの自宅を訪問。

 GACKT自らが案内した豪邸は、広さ1700平方メートル。プール、バーやジムもあり、そこで日本を離れた理由、手掛けるビジネスの実態を紹介。また、07年のNHK大河ドラマ「風林火山」で上杉謙信を演じた時に共演し恩人と慕う、08年に亡くなった俳優の緒形拳さんとのエピソードを涙ながらに明かした。

 「二階堂ふみとのW主演映画『翔んで埼玉』が大ヒット公開中のGACKT。仮想通貨ビジネスなど、すっかり金銭絡みのトラブルのイメージが付いてしまったが、番組のトークにより多少はそのイメージを払拭できた模様。ネット上で『根は真面目で思いやりのある人間だと感じた』などの声も挙がっていた」(テレビ局関係者)

 10日の放送では、坂上がMCを務めるフジテレビ系「坂上どうぶつ王国」の3時間スペシャルが放送。公式サイトによると、同日はモデルでタレントのローラの米・ロサンゼルスにある初公開となる自宅を訪問した。

 「ローラといえば、3億円の大豪邸をロスに構えたのが報じられていただけに、視聴者も興味があるのでは。ここ数年、なかなか視聴率が取れる企画がなかったフジだが、多忙な坂上にスターの自宅を訪問させる企画を連発。坂上のスケジュールを調整しやすく、おまけに、余計な経費がからないだけに、ローラの自宅公開でそれなりの数字が取れれば、今後は定番企画になるのでは」(芸能記者)

 今度はどの芸能人が自宅を公開するのか興味深いところだ。

関連記事(外部サイト)