『いだてん』視聴率低迷でピンチ ドラマ打ち切り事情、人気女優主演でも容赦ない?

NHK大河ドラマ『いだてん』視聴率低迷で打ち切りの危機か 視聴率は7%台を記録

記事まとめ

  • NHK大河ドラマ『いだてん』が視聴率7%を記録、一部報道では打ち切り説も浮上
  • 西原理恵子の自伝をドラマ化した10年の『崖っぷちのエリー』は1話短縮となった
  • オダギリジョーの『家族のうた』は全8回で終了、"視聴率ありき"の批判も生じた

『いだてん』視聴率低迷でピンチ ドラマ打ち切り事情、人気女優主演でも容赦ない?

『いだてん』視聴率低迷でピンチ ドラマ打ち切り事情、人気女優主演でも容赦ない?

中村勘九郎

 NHK大河ドラマいだてん』が大コケの気配だ。すでに視聴率は7%台(ビデオリサーチ調べ・関東地区平均)も記録しており、このまま行けば大河史上最低視聴率作品になるのは確実視されている。

 すでに一部報道では打ち切り説もささやかれている。大河ドラマは1月に始まり12月に終わる。時間と予算をかけて1年を通してじっくりと作り込む作品である。1993年放送の『琉球の風』のように最初から半年の放送が定められたり、2009年の『天地人』のように最初から少ない放送回数が設定された例はあるものの、これまで大河ドラマは打ち切りになったケースはない。

 ただ、民放のドラマでは視聴率が伸びなければ、スポンサーに示しがつかないということで、容赦なく打ち切りになっている。 2006年放送の『下北サンデーズ』(テレビ朝日系)は、石田衣良の同名の小説を原作とするドラマである。上戸彩が主演を務め、下北沢の小劇団を舞台に、演出は堤幸彦と「サブカル色」が目玉であったが、視聴率が伸び悩み1話短縮となった。上戸は2003年の初主演作品『ひと夏のパパへ』(TBS系)も1話短縮されており、知名度に比しての低視聴率&打ち切り女優といわれている。

 人気漫画家、西原理恵子の自伝エッセイをドラマ化した2010年放送の『崖っぷちのエリー〜この世でいちばん大事な「カネ」の話〜』も、1話短縮となっている。この作品は西原役を山田優が務め話題となった。だが、コメディ色の強い演技に山田がハマらず、打ち切りに至った。以降、女優としての山田の姿は数えるほどしか見られない。

 2012年にオダギリジョー主演で放送された『家族のうた』(フジテレビ系)は、記録的な低視聴率に悩み、3話短縮の全8回で終了となった。作品の内容は元人気ミュージシャンが、家族との関わりで自分を見つめ直すものである。地味なテーマであるが、良作との声も多く「視聴率ありき」の批判も生じた。

 民放のドラマは、基本的に3か月をワンクールとする。10〜11話の予定が、視聴率によって短縮されるケースが多い。だが、『いだてん』の場合は、そう簡単には決断はできなさそうだ。

関連記事(外部サイト)