例年なら総選挙の時期に異例のイベント! AKB48、人気回復に向け地道な営業を始める?

例年なら総選挙の時期に異例のイベント! AKB48、人気回復に向け地道な営業を始める?

柏木由紀

 AKB48が6月1日と9日、千葉、埼玉の2県でフリーイベントを開催することを20日、公式ブログで発表した。

 1日は千葉・柏市のセブンパークアリオ柏、9日は埼玉・大宮市のステラタウンで開催。出演メンバーは2日間で一部異なるが、柏木由紀、岡田奈々、向井地美音、倉野尾成美、小栗有以はいずれも参加する。イベント当日のミニライブ終了後、会場特設ブースで販売されるCDの購入者を対象に握手会を開催。

 いずれもミニライブは観覧無料。梅雨入りが近づく期間だが、「イベント当日晴れた場合はイベント中写真撮影OKコーナーを設けます」とファンサービスの実施を宣言している。

 「異例の観覧無料イベントだが、毎年この時期は総選挙の開催前で盛り上がっていたはず。しかし、今年はNGT48をめぐる問題などで総選挙を開催できず、おまけに、投票権の付いたCDも出せない。関係各所はかなりの損害だが、何もしないよりは、新たなファンを掘り起こせるかもしれない可能性もある、観覧無料のイベントを開催することにしたのだろう」(芸能記者)

 とはいえ、この話題は一部メディアのみが報道。

 というのも、発表された20日は、NGT48の加藤美南のインスタグラムへの不適切な投稿の真偽を巡り、ネット上が炎上状態に。

 さらには、元AKB48グループ総支配人の戸賀崎智信氏が同日、都内で18日に卒業公演を行った元NGT48山口真帆の騒動に触れた、自身のツイッターの内容について説明会を開催。

 この2つの出来事はかなり話題になっていた。

 「苦境に立たされたAKBだけに、これまでやってこなかった地道な営業をこなさざるを得ない状況。グループを存続させるためには、もはや何でもありだろう」(同)

 来年以降、果たして総選挙が開催されるが気になるところだ。

関連記事(外部サイト)