ジルベールが現れるのかと… 『ストロベリーナイト』の山本耕史が名演技、『何食べ』との比較も

ジルベールが現れるのかと… 『ストロベリーナイト』の山本耕史が名演技、『何食べ』との比較も

山本耕史

 木曜ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)の第7話が23日に放送され、平均視聴率が6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。第6話の6.8%からは0.6ポイントのダウン。自己最低視聴率を記録してしまった。

 第7話では、暴力団組織・六龍会の構成員が殺害された事件を巡り、「小林を殺したのは“ヤナイケント”」というタレコミをもとに捜査しようとしたところ、上層部から当人を追及しないよう指示が出てしまうというストーリー。姫川(二階堂ふみ)はそれに逆らい、単独で捜査を進めていたところ、極桜会会長・牧田勲(山本耕史)と素性を知らないまま知り合いになってしまい――という展開となった。

 竹内結子版では13年に公開された劇場版で描かれた本エピソード。ここまで評判も芳しくなく、視聴率も低空飛行を続けている本作だが、今回は意外な高評価が集まったという。

 「実は放送後、牧田を演じた山本耕史の演技に絶賛が集まっていました。許されない関係にも関わらず惹かれ合ってしまう姫川と牧田。映画版で牧田を演じた大沢たかおには以前から高評価が集まっていましたが、山本にも負けず劣らず、刑事をも虜にさせてしまう色気があると話題に。煙草を吸う仕草一つ取ってみても、口から出した煙をもう一度吸い、吐き直すという『つばめ返し』という小技を披露し、ヤクザらしさを演出するなど演技の細かさに注目する視聴者も多くいました。また終盤では、姫川にその正体がバレてしまうのですが、それまでの紳士的な話し方もガラリと変わり、取り巻く空気感も変えてしまうほどの演技力を見せ、視聴者からは、『演技力さすがすぎる!色気もすごい!』『ヤクザバレしたあとの雰囲気の変わりようドキドキした』『優しさとワイルドさのギャップがいい!』という声が殺到しました」(ドラマライター)

 山本といえば、今クールでもっとも話題を集めているドラマのひとつ、『きのう何食べた?』(テレビ東京系)にも出演しているが、そのギャップを指摘する声もあるという。

 「『きのう何食べた?』では、ジルベールこと年下の恋人・航くんに夢中で振り回されつつも甘々なゲイを演じている山本。一方、本作ではヤクザを演じていることもあり、その演技力の幅の広さに驚く視聴者も少なくなかったようです。『何食べとストロベリーナイト、同じような格好してるのに全然違くてすごい!』『ジルベールに可愛い可愛い言いまくってる人と同一人物と思えない!』といった声や、『姫川とコーヒー飲んでるとき、ジルベール現れるかと思った』という反応もありました」(同)

 次週では、姫川と牧田の濡れ場が描かれるのか否かにも注目が集まっている本作。山本の演技力で視聴率を立て直すことはできるだろうか――。

関連記事(外部サイト)