木村拓哉新ドラマのヒロインが“アラフィフ女優”に決まった理由 なぜいつも難航する?

木村拓哉新ドラマのヒロインが“アラフィフ女優”に決まった理由 なぜいつも難航する?

イラスト

 元SMAPで俳優の木村拓哉が、2019年10月期のTBS系日曜劇場枠の連続ドラマに主演することが28日に分かった。

 タイトルは未定だが、今回木村が挑む役柄はフランス料理の天才シェフ。圧倒的な料理センスを持ちながらも、慢心が災いして店も仲間も全て失った男が鈴木京香演じるヒロインと出会い、再起していくストーリーになるという。

 木村の日曜劇場枠への出演は2017年の『A LIFE〜愛しき人〜』以来2年ぶり、ヒロイン・鈴木とは2007年放送の日曜劇場枠『華麗なる一族』以来の共演となる。

 これまで数々の職業を演じてきた木村だが、シェフ料理人を演じるのは初。ネットでは「キムタクの料理人は期待が持てる」「実際に料理もできるし違和感がない」などと反応も上々だが、ヒロイン・鈴木には懐疑的な声もチラホラ見られる。

 鈴木は1968年生まれ。1972年生まれの木村より4歳上で、5月末には51歳を迎える。これまでのキムタクドラマのメインヒロインといえば菜々緒(30)や上戸彩(33)、柴咲コウ(37)ら、木村より一回り若い世代がキャスティングされる傾向にあったが、今回は「アラフィフ」に突入した鈴木ということで「若い世代を全無視したキャスティング」「新しい元号に突入したのに平成初期で時代が止まっている感じ」と厳しい声も多い。

 今回の鈴木京香のキャスティングだが、木村側ののっぴきならない事情もあるという。

 キムタクドラマといえばヒロインのキャスティングが毎回難航することで知られている。これは木村に対抗できる存在感を持つ女優が少ないこと、撮影中は全てのスケジュールを木村に合わせないといけない、木村より高い身長の女優は敬遠されるなど、多くの課題がある。そのため今回、ベテラン鈴木のキャスティングは「本命のヒロインに逃げられたためではないか」と芸能界で噂になっているのだ。

 キムタクにとっては久々となる「年上ヒロイン」。いつもとは一風変わった主演ドラマになるかもしれない。

関連記事(外部サイト)