そろそろスカウトでの人材育成に限界が見えた大手芸能プロの戦略転換

そろそろスカウトでの人材育成に限界が見えた大手芸能プロの戦略転換

画像はイメージです

 北川景子、山崎賢人、永野芽郁らが所属する大手芸能プロ・スターダストプロモーションが、創立40周年企画「第1回スター☆オーディション」を開催することを、各スポーツ紙が報じた。

 同社には俳優、モデル、タレント、歌手、アイドルら幅広いジャンルの芸能人が1000人以上所属。各紙によると、1979年2月の設立以来、所属部署ごとにスカウトや非公開オーディションで人材を発掘してきたが、初めて全社をあげた大規模オーディションを開催することになったという。

 6月1日から8月18日まで俳優や女優、モデルを目指す10〜22歳の男女を募集。書類審査や面接を経て、9月中旬に東京都内で行われる最終選考会で男女各1人のグランプリを選出。グランプリ受賞者には賞金50万円と映画出演権などを進呈。また、優秀な人材が多数いた場合は特別賞を設けるという。

 事務所の一大イベントに所属タレントが団結。65組延べ88人が、5月31日から特設サイトで公開されるプロモーション動画に出演。オーディションをPRするというのだ。

 「かつては映画に力を入れていた同社だが、今やすっかりドラマにシフト。そのため、顔が売れている所属タレントが多く、この機会での全社オーディションの開催は絶妙なタイミングなのでは」(芸能記者)

 さらに、芸能界を取り巻く状況が変わったことも、オーディションの“追い風”になりそうだというのだ。

 「以前は、イケメンはジャニーズ事務所の独壇場だったが、ジャニーズ以外の事務所のイケメンも続々台頭。都内でスカウトしていれば、それなりの人材が集まってきたが、今や地方にも逸材が多い。しかし、わざわざ地方にスカウトを行かせている余裕はなかなかないので、オーディションで広く人材を探すことにしたようだ」(芸能プロ関係者)

 新元号になったばかりで、合格者はまさに次世代を担うスターになりそうだ。

関連記事(外部サイト)