会見を乗り切った原田龍二、MXとラジオ以外の仕事は厳しい状況に?

会見を乗り切った原田龍二、MXとラジオ以外の仕事は厳しい状況に?

原田龍二

 発売中の「週刊文春」(文芸春秋)で、ファンの女性2人との愛車内での不倫が報じられた俳優の原田龍二が5月31日、都内で会見を行った。

 すでに各メディアで大々的に報じられているが、原田は約50分にわたって会見。「性欲は強いのか」という質問には「強いです」と答えるなど、堂々と報道陣に対応した。

 「会見前、個人事務所の社長が報道陣に『質問がなくなるまでやります』と宣言。行為を車中で済ませていたのは、妻にスケジュールを管理され、財布のひもを握られ、時間と金がなかったからだと原田の発言で判明。ファンの女性にはあまりにもぞんざいな対応であったが、報道陣の評価は上がった」(会見を取材した記者)

 気になる仕事への影響だが、会見までに、NHKも原田が出演する予定だった5月31日の「にっぽん ぐるり えぇトコ」の放送内容を急きょ変更。石川テレビは6月1日に放送する「金沢百万石まつり」中継特番へのゲスト出演を局側の意向で取り止めた。

 さらに、各スポーツ紙によると、週明けに予定していた子供向け番組であるフジテレビ「でんじろうのTHE実験」への収録が取り止めになったという。

 会見後に判断される仕事が10件ほどあるというが、レギュラーのMXテレビ「5時に夢中!」とニッポン放送「DAYS」は継続の方向。

 会見で原田は、「仕事がなくなったら、お遍路するしかないなと思っている」と胸中を告白。「こんな自分ですが、お仕事いただけたら誰よりも一生懸命やらせていただきますので、よろしくお願いします」と頭を下げていたのだが…。

「唯一のCM契約をしていた山本漢方製薬のサイトで、原田の出演CMの動画が閲覧できなくなってしまったので、契約を解除される可能性もありそう」(芸能記者)

 会見で、不倫の“現場”となった愛車を買い替える意向であることを明かした原田だが、買い替えのためにも、これまで以上に営業活動をしなければならなくなったようだ。

関連記事(外部サイト)