武井壮、「不倫リークする女性は加害者」発言に賛否 “ご意見番”化する立ち位置にも苦言

武井壮、「不倫リークする女性は加害者」発言に賛否 “ご意見番”化する立ち位置にも苦言

武井壮

 タレントの武井壮が、『週刊文春』(文藝春秋)で複数のファン女性との不倫関係が報じられた俳優の原田龍二の騒動に言及し、話題となっている。

 武井は6月4日にツイッターを更新し、「妻子持ちだと分かってた男性との不倫をリークする女性は被害者じゃなく加害者だからね。。あくまで被害者は奥様とお子さんのみだからね。。不倫の記事でリークした女の人を被害者扱いするのはどうかと思うわ。。」と書き込んだ。

 これは報道において、原田と女性の間のLINEの内容が出たことを受けてのものだろう。既婚者でありながら不倫行為を行った原田の道義的責任はあるだろうが、私信であるLINE内容の公開については、ナインティナインの岡村隆史も「赤の他人にこんなLINEしてますと見せるのは小汚い」とラジオ番組で苦言を呈していた。武井の発言も岡村と同様のものだろう。

 これを受け、ネット上では賛否両論が巻き起こっている。まず、賛成系では「まぁ、これは正論だよね」「リークした女性は謝礼ももらってるわけで、会社の内部告発みたいなものとは別だよね」「そりゃ相手が既婚者だとわかっていたなら、秘密を墓場まで持っていくべきだし、原田もそう思っていたのでは」といった声が聞かれた。一方で、否定的な意見としては「むしろリークされるようなひどい扱いをした原田が悪いわけで、加害者ともいえないんじゃ……」「女性も気持ちのやり場に困っていたんだろうし、お金目当てでもないと思う」といった声が聞かれた。

 さらに、武井自身に対しても「武井って芸能界で何か事件が起こるたびに、正論系の意見吐くけど何なの?」といった、ご意見番化する武井に対する苦言も聞かれた。武井は芸能人の不倫を巡っては、桂文枝師匠との長年にわたる愛人関係を告発した女性に対しても「被害者ヅラしている」と発言し、物議を醸し出していた。武井の発言はこれからも注目を集めそうだ。

記事内の引用について
武井壮のツイッターより
https://twitter.com/sosotakei

関連記事(外部サイト)