「二度とゴールデン番組に出られない」? とろサーモン久保田、反省の色を見せるも世間は許さず

「二度とゴールデン番組に出られない」? とろサーモン久保田、反省の色を見せるも世間は許さず

とろサーモン・久保田かずのぶ

 6月4日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に、とろサーモンの久保田かずのぶが出演した。久保田は昨年の『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)放送後に、芸人同士の打ち上げの場を映したネット動画で、審査員の上沼恵美子に対し、「自分の好みで審査するな」といった批判を行い問題となっていた。

 特にとろサーモンは2017年の『M-1』チャンピオンであったため、批判が殺到した。事態を重く見た吉本興業は、同席していたスーパーマラドーナの武智とともに、上沼への謝罪を申し出るが上沼側は拒否。円満解決といったことにもならず、時間だけが経ってしまった。 番組では、現在久保田が何をしているのかということで、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、FUJIWARAの藤本敏史やピン芸人の狩野英孝とともに久保田の自宅を訪れた。

 藤本はとろサーモンとマネージャーが同じだとし、「久保田は二度とゴールデン番組に出られない」と嘆いていた。「インスタ見たらパワースポットばかり行っている」と話し、笑いを誘っていた。

 いざ久保田のマンションを訪れる一行。築15年、2LDKのオシャレなマンションであった。これを受け、ネット上では「久保田けっこういいところ住んでるじゃん」「なんかさらに炎上しそう」といった声が聞かれた。

 騒動に関しては、「俺のせいで霜降り明星の優勝がかき消された。ごめんな」と後輩芸人に謝り、騒動後には家族のLINEグループから外され、母親からは「子宮に戻りなさい!!」と言われたという。これには、ネット上では「久保田のお母さん、久保田より面白いんじゃね」「これは愛だな」といった絶賛の声が聞かれた。

 このほか、パンサーの尾形貴弘の炎上は「100円ライターの炎」といったフレーズで笑いを誘ったほか、相方の村田秀亮も登場し、騒動後の謝罪漫才の再現も見られた。笑いを交えながらも反省を示したといえる。だが、ネット上では「やっぱりこいつ嫌いだわ」「この下手に出ている感じがイヤ」といった声も聞かれた。やはり、久保田アレルギーを持つ人も多いようだ。

関連記事(外部サイト)