近藤真彦の1人息子、空手の強化選手に タレント活動には反対?

近藤真彦の1人息子、空手の強化選手に タレント活動には反対?

画像はイメージです

 マッチこと歌手の近藤真彦の長男が、空手のジュニア強化選手に選ばれたことを、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

 今や、ジャニーズ事務所のタレントの筆頭として君臨する近藤だが、私生活では94年に一般の女性と結婚。なかなか子宝に恵まれなかったが、07年10月に待望の第1子となる長男が誕生した。

 すでに11歳になった長男だが、同誌によると、幼少のころから空手を習い、今年5月に東京都空手道連盟が今年度のジュニア強化選手に指定したという。

 近藤の子育てだがかなりのスパルタ。生後6カ月から長男をプールや海、川に入らせ発熱したことがあったが、それでも方針を変えなかったおかげか、スポーツ万能。

 おまけに、お受験にも挑戦し現在は都内でも有数の名門私立小学校に通学。大学まで一貫教育の学校で、10倍近い倍率の狭き門を突破したというから文武両道のようだ。

 「若くして芸能界入りしたマッチだが、息子は自分と違う道を歩ませようと、妻と話し合い文武両道に育てようと努力していたようだ。マッチの息子ならばいつでもジャニーズに入れたようだが、今後もタレント活動はさせないのでは」(テレビ局関係者)

 近藤は一時期、ジャニーズの次期社長候補と言われたこともあったが、次期社長はメリー喜多川現副社長の娘・藤島ジュリー景子副社長に決定。

 さらに、今年に入ってからはタッキーこと滝沢秀明が社長の新会社が設立されジャニーズJr.の売り出しに力を入れている。

 「体制が変わったことで、ますます自分の息子を預けられないと思っても仕方ないだろう」(芸能記者)

 空手で一流選手になってからタレント業に進出する道もありそうだ。

関連記事(外部サイト)