女性店員に「あまりキレイじゃない」徳光和夫の暴言に批判も、『路線バス旅』特番が高視聴率獲得

『路線バスで寄り道の旅』徳光和夫の暴言に批判の声 SP番組にマツコ・デラックスら

記事まとめ

  • 徳光和夫がメインを務める『路線バスで寄り道の旅』特別番組の視聴率は15.0%だった
  • スペシャル版にはマツコ・デラックスや、ミッツ・マングローブ、村上佳菜子などが登場
  • 徳光は女性店員に対し「あまりきれいじゃないよね」と発言し、ネットでは不愉快の声も

女性店員に「あまりキレイじゃない」徳光和夫の暴言に批判も、『路線バス旅』特番が高視聴率獲得

女性店員に「あまりキレイじゃない」徳光和夫の暴言に批判も、『路線バス旅』特番が高視聴率獲得

徳光和夫

 テレビ朝日系列でフリーアナウンサー・徳光和夫がメインを務める『路線バスで寄り道の旅』(毎週日曜午後3時20分〜)の特別番組『路線バスで寄り道の旅 2019夏マツコ・デラックスと一緒に!ミッツ&佳菜子も…東京下町珍道中SP』(午後7時〜同9時)が6月16日に放送され、平均視聴率が15・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが分かった。

 本番組はレギュラーの徳光和夫、田中律子と、週替わりのゲストが東京都内の路線バスに乗り込み、自由気ままに旅をする番組。その自由すぎるスタイルから徳光がバスの中で熟睡してしまったり、競艇場に行きギャンブルにのめり込むなどハプニングも多く、一部視聴者の間で「カルト的」な人気を誇っている。

 スペシャル版では本番組の「大ファン」を自称するマツコ・デラックスや、ミッツ・マングローブ、村上佳菜子などが登場。ゴールデンタイムにふさわしい豪華な特番仕様で放送された。

 その一方、徳光和夫はあまり「ゴールデン特番」であることを意識していなかったのか、いつも通り「暴走モード」に突入した。

 錦糸町駅前で赤ん坊を泣かせてしまったときはマツコを指して「こいつ見て泣けよ!」と暴言を吐いたほか、昼食で入ったイタリアンレストランでは、料理を持ってきた女性店員に対し「愛嬌はあるけどあまりきれいじゃないよね」「正直失敗だったな」とボヤくなどやりたい放題。また「三度の飯より好き」と豪語する競艇レースでは、1レース目から2万4000万円をすり、「ダメだ」と舌打ちしうなだれたあげく、ゲストが待っているのにもかかわらず、レース予想を続行。さらに大金をつぎ込んだものの、レース途中で転覆してしまったレーサーに対し「下に降りてって、てめぇ泳いで帰れよ! と言いたいな」と暴言を吐いた。

 これらの徳光の暴走は『路線バスで寄り道の旅』ではおなじみの光景ではあるが、これまで『路線バス』を見たことがない視聴者にとっては衝撃的だったらしく、ネットでは「あまりに失礼すぎるのでは?」「テレビを見てて不愉快になった」との声が相次いでいた。

 本来、この枠ではテレビ朝日系が誇る高視聴率番組『ポツンと一軒家』を放送しており幅広い世代がテレビを見る時間帯となっている。

 視聴率15%という数字は、『ポツンと一軒家』の視聴者がそのままスライドしたほか、マツコ・デラックスというお茶の間の人気者が出演したことによる数字とみられ、「やりたい放題」が売りの『路線バスで寄り道の旅』のコンセプトとは合わなかったとも考えられる。

 テレビ朝日としては、「ネタ切れ」が心配される『ポツンと一軒家』の後継番組として『路線バス』を育てていきたいのかもしれないが、一般視聴者には「早すぎた」特番だったのかもしれない。

関連記事(外部サイト)