自叙伝がヒットした“男子校出身”ギャルモデル、椿姫彩菜 現在は改名して意外なジャンルのユーチューバーに?

自叙伝がヒットした“男子校出身”ギャルモデル、椿姫彩菜 現在は改名して意外なジャンルのユーチューバーに?

椿彩奈の公式Twitterよりhttps://twitter.com/ayanatsubaki

 ギャル系雑誌『小悪魔ageha』(インフォレスト)のモデルとして活躍し、一時はテレビに引っ張りだこだった椿姫彩菜。“元男子”ながら、美しい容姿とスタイルで人気を集め、2008年に出版した自叙伝『わたし、男子校出身です。』(ポプラ社)は大ヒット。その後、自叙伝は漫画化されるなど、トランスジェンダーモデルの先駆けとして注目を浴びていた。

 しかし2010年頃から少しずつ露出を減らし、今ではすっかりテレビで見かけない。椿姫は現在、何をしているのだろうか。

 「2014年にホリプロを退社して、さらに仕事が激減しています。もともと椿姫さんは扱いづらいと有名で、同じニューハーフタレントからの評判もあまりよくなったそう。それまでは事務所の力で露出がありましたが、その後ろ盾がなくなったことで、テレビでの仕事を続けることは難しくなりました。しかし、現在はゲーム関連の仕事で忙しい日々を送っているようですよ。昔からゲームは得意で、ニコ生などネット番組へ多く出演しています。また、Twitterを見ると、ゲームイベントにゲスト出演していたり、司会を務めたりしているようで、『遊びに来てねー!』とたびたび、参加を呼び掛けています。コンスタントに仕事はあるようで、多い時の月収はウン百万円だと言われています」(芸能記者)

 さらに、今年の3月からは、ユーチューバーとしても活動しているようだ。

 「投稿している動画はほとんどがゲーム実況などで、ここでも得意分野を活かしているようですね。チャンネル登録者数は6000人ちょっととまだまだ少ないですが、コンテンツによっては1万以上の再生回数を誇っています。ゲーム好きの一定のファンがついているので、今後、チャンネル登録者数はさらに増えることが予想されるでしょう」(前出・同)

 2017年、椿姫は名前を「椿彩奈」に改名し、心機一転を図ったようだ。理由については、「姫がついていることに疲れました!」とTwitterで明かしているが、ゲームという特技を活かし、今後はゲームの分野でさらなる活躍が期待できるだろう。

記事内の引用ツイートについて
椿彩奈の公式Twitterよりhttps://twitter.com/ayanatsubaki

関連記事(外部サイト)