亮が謹慎処分でロンブーの「コンビ解散説」が加速? 淳の“将来像”の邪魔になるとの見方も

亮が謹慎処分でロンブーの「コンビ解散説」が加速? 淳の“将来像”の邪魔になるとの見方も

ロンドンブーツ1号2号・田村淳

 反社会的勢力と関わりのあるグループに闇営業を行い、謝礼を受け取っていたとして、吉本興業所属の11人の芸人が謹慎処分を受けた。報道後に「ギャラはもらっていない」と不用意な釈明をしたことが、より自らの首を締めた形だ。

 謹慎処分を受けたロンドンブーツ1号2号の田村亮の相方である田村淳は、6月24日にツイッターを更新し、「実はギャラをもらってましたと…亮から聞かされました…ショックでした…」「おまえを軽蔑する! 世間の皆様、所属事務所、番組のスタッフにも正直に全てを話すべきだ!」と厳しい口調で断じた。「昔の正直者で真っ直ぐなところがなくなったらもう亮じゃない! と叱責しました」と記している通り、亮のイメージにそぐわない闇営業は、相方であっても衝撃を受けたようだ。

 これを受け、ネット上ではロンドンブーツ1号2号が解散するのではといった声が聞かれる。ロンブーは、現在はコンビ共演の機会がほとんど見られない。さらに、多くの番組でMCをこなす淳に対して、亮の「ポンコツキャラ」も悪い意味で目立っている。そのため、ネット上では「もうロンブー解散でいいんじゃね」「喋りも芸もない人がコンビ活動の足を引っ張って、さらに足を引っ張るって何なの?」「コンビ解散しないっていっても、極楽とんぼ状態になるのでは」といった声が聞かれる。ただ、ポンコツながらも穏やかな亮はイメージも良く、最近は「パパ芸人」としても活躍していた。ネットを中心に“金儲けがうまい”という印象もある淳に比べて、亮に好感を持っている視聴者も多く「いい人だと思っていたのにショック」という意見も見られた。

 淳は、ニュース情報系の番組の司会を多くこなし、慶應義塾大学の通信教育部で法律を学ぶなど、社会派の活動も多い。将来的には政治家転身なども取り沙汰されている。そうしたビジョンがある人間にとってみれば、相方の闇営業はイメージダウンともなりそうだ。ほかの芸人のように擁護モードに入らないところは、淳の本気の怒りも感じ取れる。亮の言動次第では、解散を含む厳しい選択肢もありそうだ。

 ただ、同じツイートでは「最後の1人になっても厳しい目を向け続けたいと思います。そして、しっかりと反省した亮とまたコンビの活動を続けられたらと思います」と記しているだけに、「完全に見捨てる」といったことにはならなさそうだ。

 淳は『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で未成年アイドルとの不適切交際が報じられた狩野英孝や、『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)での暴言が問題となったとろサーモンの久保田かずのぶを番組に起用するなど、しくじった人間にも目をかけている。亮には淳の期待を裏切らない行動を示してもらいたものだ。

関連記事(外部サイト)