「結婚指輪を見せているみたい」吉岡里帆、自身のリラックス法明かす

「結婚指輪を見せているみたい」吉岡里帆、自身のリラックス法明かす

吉岡里帆

 狂言師の野村萬斎と女優の吉岡里帆が26日、都内で行われた「『綾鷹』東京2020に向けた戦略発表会」に出席。お茶の心に絡め、それぞれのリラックス法などを明かし合った。

 同社のCMに出演する二人だが、18日からの新CMには野村が出演。吉岡は「(野村の)凛とした美しいたたずまいと、お茶のおいしさがピッタリマッチ。見ているほうが浄化されるような、そんなCMだと思いました」とその新CMを絶賛。

 緊張を緩和するためのリラックス法が話題に挙がると、野村は「目を閉じて深呼吸すれば落ち着きます」と自身のリラックス法を紹介。「舞台はライブですから本番は一期一会。去年はジャポニズムというイベントがパリで行われたんですけど、日本文化に理解のない人にも見せなきゃいけないと思うと力が入りました。そして海外でもそういう場では(自分は)お茶を飲むんです。そして深呼吸をして舞台に立つんです。(深呼吸は)その時の体調に合わせて何回もする時もあるし、一回の時もあります」と笑顔でコメント。

 対する吉岡は「中指のツボを押さえる」とコメント。「中指にはツボがあって、そこを押すとリラックス効果があるみたいです。鍼の先生に教えてもらったんです」とそのツボ押しを壇上で実践しつつ紹介。野村にマイクを向けられると、「結婚指輪を見せているみたいですね」と恥ずかしそうに話していた。

(取材・文:名鹿祥史)

関連記事(外部サイト)