スリムクラブ真栄田は不倫100回以上の愛妻家?妻も不倫を後押しの奇妙な夫婦関係【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】

スリムクラブ真栄田は不倫100回以上の愛妻家?妻も不倫を後押しの奇妙な夫婦関係【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】

スリムクラブ・内間政成、真栄田賢

 吉本興業は27日、反社会的勢力のパーティーでの“闇営業”でギャラを受け取っていたとして、スリムクラブの真栄田賢と内間政成を無期限謹慎処分にすることを決定した。

 同社によると、2人は約3年前に他事務所の芸人の仲介で、飲食店オーナーの誕生日パーティーとして開催された暴力団関係者のパーティーで、芸を披露するように直接依頼されて参加。2人は反社会的勢力が参加していたという認識はなかったとしている。

 2人はともに沖縄県出身で、2005年に正式にコンビを結成。10年の『M-1グランプリ』では、準優勝に輝き実力派コンビとして注目されていた。だが、問題となった“闇営業”のギャラはわずか15万円ほどと報じられている。あまりにも残酷な結末である。

 真栄田というと、2011年10月放送の『ブラマヨ衝撃ファイル 世界のコワ〜イ女たち4時間SP』(TBS系)の収録中に、同郷で交際7年の一般女性に公開プロポーズを敢行し、結婚に至った。だが、真栄田は筋金入りの浮気癖があるとも噂されている。

 かつて、不倫をスッパ抜かれている真栄田は、これらの報道を「氷山の一角」と豪語。「女遊びは芸の肥やし」という“習わし”をいいことに、派手な女性関係を公にしている。

 2017年9月放送の『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系)に出演した真栄田は、過去の不倫エピソードをブチまけた。

 2013年に女優の北川景子似の美女との不倫を『FRIDAY』(講談社)に報じられた。クラブで女性から突然、「私の部屋で飲みましょう」とナンパされたことがきっかけだという。警戒した真栄田は、後輩と女友達を同行させ4人でタクシーに乗ったが、道中で女友達が“買い出し”と言い出し、後輩と2人で降車してしまったそうだ。残った真栄田と女性が、マンションに到着した瞬間に撮られたと説明した。

 まんまと“現場”を激写された真栄田だが、「結局(週刊誌に)載るわけじゃないですか。めっちゃヤりたかったんす」と、抑えられなかった欲望を告白。

 さらに、2011年の『週刊文春』(文藝春秋)の報道についても激白した。真栄田が大阪で一人で飲んでいると、「ファン」という女性に声を掛けられたという。「宿がなく、一晩ホテルに泊めてほしい」と誘われた真栄田は、その女性と行為に及んだことを公にした。

 後日、女性と連絡先を交換した真栄田に「最近落ち込んでいる。頑張ってと言って」というメールが届いたようだ。しかし、内容が深刻過ぎると感じた真栄田は、3日ほど返信をためらったようだ。だが、無視されたと思い込んだ女性は、腹いせから不倫をタレ込んだという。

 また、あるときは、不倫相手からフラれることを察知した真栄田が、悲痛な胸の内を妻に相談したという。すると、「あなたの人生だから後悔しないように。追いかけたいなら追いかけた方がいい」と返答。さらに、「これくらい(夫の不倫)のことで動揺している自分が弱い。自分と向き合う」と告げ、妻は登山グッズを買って山に登りに出向いてしまったという。

 さらに、2017年10月放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、真栄田は「100回以上」の不倫を激白し、視聴者から批判が殺到する事態となった。

 最近になって、不倫を反省した真栄田は愛妻家としてたびたび、夫婦でテレビ出演していたが、ここへ来て続報もあった。今回は、内間とともに沖縄県那覇市の国際通りで女性2人をナンパしたが失敗した経緯を、25日発売の『FLASH』(光文社)に報じられている。

 これだけの“前科”がありながら、“おとがめナシ”でメディアに出演し続けてきた真栄田。今のご時世、不倫や浮気が笑って許された時代とは一変、真栄田は“特別扱い”されていたのかもしれない。下半身は手がつけられない上に、無期限の謹慎処分も食らった。“芸能界追放”にならないことを祈りたい。

関連記事(外部サイト)