知られざる芸人ギャラ事情 ドラマは割に合わない? 劇場出演料は売れっ子でも驚きの金額

知られざる芸人ギャラ事情 ドラマは割に合わない? 劇場出演料は売れっ子でも驚きの金額

藤本敏史

 詐欺グループへの闇営業、さらにはその対価として金銭受領をした問題で活動停止中の芸人たち。今改めて、そもそも吉本のギャラが安いのではという問題がささやかれているが、一体その実態は? 吉本以外の劇場のギャラからCM、ドラマ、そしてバラエティまで幅広く見ていこう。

 キャリア30年の大ベテラン、FUJIWARA・藤本敏史が「ルミネtheよしもと」のステージに1回立った時のギャラを1万6000円と明かしたことがあった。これは1人の取り分。だが、これはまだいいほうなのだそう。同じく吉本所属のお笑いコンビ、ライスは「キングオブコント2016チャンピオン」という肩書きがあるにも関わらず、1ステージは2人合わせて5000円だという。では、最安のステージイベントはどのくらいなのか。

 「『R-1ぐらんぷり』予選で笑いをさらったにも関わらず、勝ち上がれなかったことで運営批判したキートンは、あるイベントに出た際、『出演料50円、源泉税5円、差引支給額45円』というものが最近もあったそうです」(エンタメライター)

 これが吉本以外の事務所だと途端に跳ね上がる。年間の営業本数200本をこなす「営業の神様」テツandトモ(ニチエンブロダクション)の1ステージは、50〜100万円。仮に70万円だとしてもキートンの1万4000倍だ。また、さらば青春の光・森田哲矢は個人事務所であるため、営業で2ステージこなすと30万円だという。

 では、劇場以外はどうなのか。一番オイシイと言われているのはCMだが……『FLASH』(光文社)が発表した「最新版2019年タレント CM ギャラランキング 」で48位につけているのはハリセンボン。女芸人の中ではトップの2,200万円。だが、取り分は本人が1で事務所が9という恐ろしい比率の吉本なので、本人の手元に入るのは安いかもしれないが、それでもCMはビッグマネーだ。ちなみに、CM出演料芸人1位はビートたけしの1億円とも言われている。

 芸人がドラマに出ることもある。ギャラも高額な上に、今を時めく人気俳優と共演できるとあって、美味しいのではと思われがちだが、拘束時間が長い。ドラマ『下町ロケット』(TBS系)で好演したイモトアヤコは、これによって1本80万円から100万円にアップしたという。だが、ドラマの撮影は過酷と言われており、深夜3時に解放されても翌朝6時集合などザラ。しかも、2日で30時間撮ることもあるという。100万円がコスパに見合っているのかは疑問だ。

 では、芸人の主戦場、バラエティはどうなのか。先ほどのイモトもの場合だと、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のギャラは、海外ロケを含めて1本30万〜50万円だという。それでも、彼女の場合はそこからにCMをゲットし、ドラマもこなす。年収は1億円をこえる「億プレーヤー」ともいわれる。だが今回、闇営業に手を染めてしまった芸人の中には、バラエティはおろか、ドラマにも出られず劇場で稼ぐしかない売れない芸人もいた。今回のことで、吉本のギャラアップ、さらには芸人の地位向上が図れればいいが……。

関連記事(外部サイト)