ツイッターで暴走の丸山議員、あのお騒がせ女性元議員との類似点が多い?

ツイッターで暴走の丸山議員、あのお騒がせ女性元議員との類似点が多い?

丸山ほだかのツイッターより https://twitter.com/maruyamahodaka

 丸山穂高衆議院議員のツイッターが暴走気味だ。丸山議員と言えば、5月の北方領土のビザなし交流の場において、酒に酔った状態で「領土を戦争で取り返すしかない」といった不用意な発言を行い、所属する日本維新の会を除名処分となっていた。その後、議員辞職勧告決議がなされるも辞職せず、無所属で活動している。

 それから、適応障害を理由に国会を欠席していたが、近ごろ活動再開をした。丸山議員は、「丸山議員を見たらチャンネルを変える」とラジオで発言した和田アキ子に対し、6月29日のツイッターで「偶然の一致というか私も見ていて和田さん出たらチャンネル変えてますね。一緒で光栄です。というか最近はほぼテレビで姿見ないし、紅白すら出てないようですが」と皮肉った。

 また、7月2日のツイッターで「フジTVのバイキング、公共電波使ってまたまた宣伝ありがとうございます。番組出てくれとかいうFAXをうちの事務所に頂いていたみたいですが、司会してる坂上忍さんの飲酒運転で器物破損逃亡劇の件をやるなら少しばかりは検討しますけど、、」と書き込み、さらに、「フジには、肉布団番組の件とか持ち株会社の税金無駄遣いクールジャパン機構出資とか放送法上の問題に絡めて言うべきこと数多」とツイート。前者は坂上忍、後者は志村けんの「バカ殿様」批判と取れる。

 大物芸能人に相次いで噛み付く姿勢に、ネット上では「この人反省ゼロだな」「また飲んでんじゃないの?」といったあきれ声が殺到している。こうした丸山議員の姿を見て思い出されるのが、上西小百合元衆議院議員だろう。

 「上西小百合元議員は、丸山議員に同じく日本維新の会所属でしたが、体調不良を理由に国会審議を欠席するも、秘書と私的な温泉旅行へ行っていたとして非難を浴びました。上西元議員も党を除名処分となるも、その後、無所属で活動を続けました。『バイキング』(フジテレビ系)などに出演し、東国原英夫などと激しいバトルを繰り広げたことでも話題となりました」(芸能関係者)

 そもそも丸山議員も上西元議員も、なぜ炎上を招いてしまうのか。

 「丸山議員の場合は、東大卒で経済産業省出身のエリートな経歴の割に、幼稚な部分がある点が炎上の原因だと言えるでしょう。学生時代から議論になると、相手を言い負かすまで詰めていたと言いますから、今回のツイッターでも、その悪い意味での負けん気の強さが出てしまっています。上西元議員も、ズバズバと言い返す勝ち気な姿勢が、特に同性アンチの感情に火をつけたといいます。さらに、自分のルックスに自信があるのか、写真集発売なども、さらに炎上に火を注いだと言えるでしょう。騒動を起こした後の『次の一手』が完全に間違っていると言えそうですね」(前出・同)

 どちらも目立ちたがり屋で、ひんしゅくを買いやすい点は似ていると言えそうだ。

記事内の引用について
丸山ほだかのツイッターより
https://twitter.com/maruyamahodaka

関連記事(外部サイト)