和田アキ子、会見で発言の松本潤に「偉くなった」「一番はマッチ」と否定的発言でファンから批判

和田アキ子、会見で発言の松本潤に「偉くなった」「一番はマッチ」と否定的発言でファンから批判

和田アキ子

 7日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)での和田アキ子のある発言が、ジャニーズファンからの批判を呼んでいる。

 この日の番組では、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏が先月18日に解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で都内の病院に緊急搬送されたニュースが取り上げられた。今月1日に明らかになったこの情報は、嵐の会見で発表となり、メンバーを代表して松本潤が病状などを説明していたが、この特集に和田は「私は事務所が違いますけど、ジャニー喜多川さん、本当にお世話になってるんですよ」とし、ジャニー氏を心配する言葉も口にしていた。

 しかし、その中で和田は「こういうのって、今まで嵐の中でもどっちかっていうと大野くん、リーダーが話したり、あとは櫻井くん。それが松潤っていうのが……。会社からじゃなく、松潤っていうのも」と、松本が説明したことについて疑問。さらに、「なんか松潤が偉くなったのかな、それとも」と首を傾げつつ、「一番先輩でいうとマッチだし、なんかかえって心配なの」「とにかく元気になって頂きたいから、ちょっとなんか引っかかってるんですけど」と違和感を口にしていた。

 しかし、この発言についてジャニーズファンを中心に、「心配とか言いつつ、誰が話すか気になるなんておかしい」「偉くなくちゃ会見で話しちゃいけないわけ?不快すぎる」「事務所の指示だったろうに、個人名を出して不適切なコメントするのは一種の公開パワハラ」という批判が殺到。番組側に抗議のメールを送ったという宣言も少なくなかった。

 「会見でジャニー氏の病状を説明したのが、リーダーである大野智でもなく、表立って発言することの多い櫻井翔でないことに疑問を感じた人がいたのは事実ですが、実は松本、事務所に送られてきた履歴書を見たジャニー氏が直接電話を掛け、合格を言い渡したという人物。嵐の中でも、もっともジャニー氏からの寵愛を受けている一人だと言われています。ジャニーズ事務所の中でも、嵐がもっとも注目度の高いグループであることは事実であり、その中で松本が発表したことについては、ファンの多くは当然と感じているようです」(芸能ライター)

 ファンは納得している、そういった事情を知らない和田の発言に批判が集中してしまったようだ。

関連記事(外部サイト)