なぜドラマだけ発表? 日テレ『24時間テレビ』、ランナーは疑惑のあの人か…最悪中止も?

なぜドラマだけ発表? 日テレ『24時間テレビ』、ランナーは疑惑のあの人か…最悪中止も?

画像はイメージです

 7月8日、日本テレビの毎年の恒例番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』内で放送されるスペシャルドラマが、嵐・相葉雅紀主演『絆のペダル』となることが発表された。相葉は実在する元自転車プロロードレーサー・宮澤崇史を演じ、母との絆を描く物語になるという。

 今年の『24時間テレビ』は、8月24日および25日に放送されることが決定しており、メインパーソナリティは同じく嵐の5人。チャリティーパーソナリティーとして浅田真央が務めることが発表されている。

 ところが、放送1か月半前にして、『24時間テレビ』の「花形」とも言える「チャリティーマラソン」の走者は、未だ発表されていないことがネットで話題になっている。

 現に「走者当日発表」となった2017年を除いて、例年は遅くとも5月〜6月にはマラソンランナーの発表が行われており、昨年の走者のANZEN漫才のみやぞんも、6月3日にはランナー就任の発表が行われている。

 既に7月上旬となっている現在、果たして近日中のランナー発表はあるのだろうか?

 「日本テレビとしては、2017年走者であるブルゾンちえみさんの『当日発表』のバッシングが相当堪えたのでしょう。2018年のみやぞんさんは6月時点の段階で発表がありました。しかし、ここまで発表が先伸ばしにされているということは、走者選びやスケジュールがかなり難航しているということではないでしょうか」(某芸能記者)

 また、走者選びが難航している理由に関しては、以下のような事情もあるという。

 「あくまで噂ですが、今回のマラソンランナーは、吉本芸人の誰かか、昨年のみやぞんさんに続き、『世界の果てまでイッテQ!』出演者の誰かにオファーが行っていたそうです。ですが、『イッテQ!』はやらせ疑惑や出演者がケガをするなどのトラブルが相次いだことで、話が無くなり、『イッテQ!』組の代案として考えていた、吉本芸人も闇営業問題が解決してない今、『チャリティー』と名の付く番組には、積極的にタレントをブッキングできないようです。そこで、代役として考えられているのが、浅田真央さんのようなアスリート出身のタレントです。ですが、元プロである以上、ただ100キロを走らせるだけではスリルがない。なので、みやぞんさんと同じく、トライアスロンなどの工夫が必要になると思います。ただ、それが2か月弱で用意できるのかどうか……」(前述の某芸能記者)

 適任がいないのであれば、最悪の場合「マラソン中止」という線もあり得そうだが、果たして……。

関連記事(外部サイト)