『梅ズバ』のモー娘OG特集にボカシメンバーが 吉澤ひとみさんと、もう一人は?

『梅ズバ』のモー娘OG特集にボカシメンバーが 吉澤ひとみさんと、もう一人は?

元モーニング娘。・矢口真里

 7月10日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)で「モーニング娘。同窓会スペシャル」が放送された。

 ただ、全員がそろったわけではなく、スタジオには、いわゆる黄金期メンバーでは、矢口真里、保田圭、飯田圭織が登場するのみであり、福岡でローカルタレントとして活躍する中澤裕子がVTRで登場するだけであった。そのため、ネット上では「これ、全然そろってないじゃん」「懐かしさより、忖度を感じる」「今のメンバー全然知らない」といった声が聞かれた。

 さらに、番組内で紹介された名曲『LOVEマシーン』のPVでは、市井紗耶香と吉澤ひとみさんにボカシがかけられていた。

 吉澤さんは、2018年9月に飲酒状態でのひき逃げ事故を起こし、執行猶予付きの有罪判決を受けていた。その後、芸能活動引退を表明している。やはり、ボカシは仕方ないのかもしれない。

 市井は、今回の参議院議員選挙に立憲民主党の公認候補として出馬。そのため、画面にはボカシがかけられていた。矢口真里、保田圭とともに3名の追加メンバーとして登場するも、市井の存在にはまったく触れられなかった。保田が「裕ちゃん(中澤裕子)は7こ上(歳上)で関西弁なんで怖かった」と当時の記憶を語ると、フットボールアワーの岩尾望も「僕も関西人ですけど怖かった」と話し、笑いを誘っていた。

 ただ、ファンの男性との不倫が『週刊文春』(文藝春秋)に報じられ、文春砲を浴びたゴマキこと後藤真希は映し出されていた。番組でも、解散危機を救った救世主として触れられていた。噂されている「なっち」こと安倍なつみとの確執にも、矢口が「あったかもしれない」と語っていた。ただ、自分たちは「サイド」なので、関係なかったと話し、笑いを誘っていた。

 モー娘。20年の歴史をざっと追った内容ではあったが、やはり一部メンバーのボカシには、違和感が残ったのは確かだろう。

関連記事(外部サイト)