AAA浦田、不起訴で早期復帰の可能性浮上 ファンですら“不要論”?

AAA浦田、不起訴で早期復帰の可能性浮上 ファンですら“不要論”?

AAA浦田直也の公式twitterより https://twitter.com/un1982

 今年4月、女性への暴行容疑で逮捕されたAAAのリーダー・浦田直也について、東京地検は16日、不起訴処分としたことを各メディアが報じた。

 浦田は4月19日午前5時ごろ、都内のコンビニで面識のない20代女性の頬を叩いたとして、暴行容疑で同20日に逮捕された。21日に釈放され、都内で謝罪会見し活動自粛を宣言。22日には事務所が無期限謹慎処分としたことを発表していた。

 「金髪だったのを、会見のために無理やり黒髪に染めたので違和感たっぷり。暴行容疑について、『酒に酔っていて記憶がない』と説明したが、あまり反省しているような様子がなく、批判が殺到していた」(芸能記者)

 各メディアによると、所属事務所はコメントを発表。「被害者の方に改めてお詫び申し上げます」と謝罪した上で、「本人の今後につきましては、今回の処分を踏まえ、その他の状況等も勘案し、検討しているところでございます」とした。

 このままいけば、タイミングを計った上でのグループ復帰となるのが順当な流れ。しかし、ネット上や公式SNSのコメント欄などでは「しでかした事の内容を考慮するとリーダーはもう必要ない」、「不起訴になったからと言って簡単に戻して欲しくない」などと、“不要論”が飛び交っている。

 「6月15日からファンミーティングツアー開催が決定していたにもかかわらずの逮捕。11〜12月に3年連続となる4大ドームツアーの開催も発表されているが、そこに出演させるのはAAAのファンは納得しないのでは。闇営業に関わったザブングルではないが、ボランティア活動をさせて自分の罪の深さを認識させてから復帰させるのが得策なのでは」(レコード会社関係者)

 所属事務所がどんなジャッジを下すかが注目される。

関連記事(外部サイト)