「ジャニーズの疑いは吉本にも」北村弁護士、忖度せず称賛の声 “恫喝は脅迫行為”発言も

北村晴男弁護士が「直撃LIVE グッディ!」で吉本興業とジャニーズに触れ視聴者称賛

記事まとめ

  • 北村晴男弁護士が「直撃LIVE グッディ!」で吉本興業について持論を展開した
  • 番組は吉本興業社長の会見の模様を流し、加藤浩次らのコメントを拾いつつ討論した
  • 「まともなこと言えるのが北村弁護士だけ」「安藤優子はやっぱり吉本擁護」との声も

「ジャニーズの疑いは吉本にも」北村弁護士、忖度せず称賛の声 “恫喝は脅迫行為”発言も

「ジャニーズの疑いは吉本にも」北村弁護士、忖度せず称賛の声 “恫喝は脅迫行為”発言も

画像はイメージです

 「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)で法律の専門家の立場から持論を展開した北村晴男弁護士に称賛の声が相次いでいる。

 23日の放送では、22日に5時間半にわたって行われた吉本興業・岡本昭彦社長の会見の模様を流し、それに対する極楽とんぼ・加藤浩次や吉本所属芸人たちのコメントなどを拾いつつ討論。火曜レギュラーで吉本所属のサバンナ・高橋茂雄が心境を語る場面もあった。

 会見のVTRが終わると、高橋は「宮迫さん、亮さんの会見は胸が詰まって、気持ちが伝わってきて見てられへんような気持ちになったけど、昨日の(岡本社長の)会見は全く別の意味で見てられへんような気持ちになりましたね」「会見(を)見て『吉本、大丈夫やな』って思った芸人は一人もいないと思います」と戸惑いを口にした。

 岡本社長が会見で涙を見せたことについて、安藤優子キャスターが「危機管理が問われるような会見で、会社のトップが泣くというのはどうですか?」と問うと、北村弁護士は「泣くっていうのは、正直演技かなと思いました、僕は。それは別として、肝心の恫喝行為、みんなパワハラって言ってますが、あれは犯罪行為です」と、「全員クビ」の発言は生活の糧を奪いかねない“脅迫行為”に当たると説明。また、その上で宮迫らに会見をさせなかったことも強要に当たると指摘した。

 また、岡本社長の回答がまわりくどいと指摘されていることに対しては「裁判でよく見る光景」「結論を端的に言わない。(裁判のとき嘘をつく被告は)自分の言うことが嘘だから信用してもらえない、だから経緯とか理由とかグダグダ言ってごまかそうとする。証人尋問の法廷とそっくり」と批判した。

 安藤キャスターや高橋克実が「言えば言おうとするほど言葉がつながっちゃう人もいる」「目の前にあれだけの人がいて、外に出る役の方でもないですから」とフォローすると、「でも(記者は)『結論だけ答えてください』って何度も言ってますよ」「(Q&Aを用意する時間も)十分ありましたよ。丸一日あったんですから」と指摘した。

 また、23日朝の『スッキリ』(日本テレビ系)で加藤浩次が大崎洋会長と面会すると明かしたことを受け、安藤キャスターは「加藤さんが(吉本を)辞めたらそれに同調する芸人さんはどれくらいいらっしゃるんですかね?」と聞いた際、高橋は「経営陣というか、吉本の体質が変わってくれっていうのが芸人の願い」と明言しなかった。

 そこで北村弁護士は「どれくらい追随する人が出るかどうかは、吉本がテレビ局などに圧力をかけるという独禁法に違反する行為をするかどうか。芸人さんから見てそういうことをする会社に見えるかどうか」と意見。先日、元SMAPの3人に圧力をかけたとして公正取引委員会から注意を受けたジャニーズ事務所の話も挙げ、「同じことは構造的に吉本にも言えること。そういう疑いははっきりある」と述べた。

 突然出たジャニーズ事務所の話に焦ったのか、倉田大誠アナウンサーや安藤キャスターは「“疑い”ですから」「加藤さんは生活していけるでしょうけど…」とすかさず話題を変えたようにも見えた。

 このような放送を見た視聴者からは、「北村弁護士かっけー(笑)」「さすが、昨日の会見で腕震わせてたどっかの弁護士とは違う」「加藤さん何かあったら北村弁護士についてもらえばいい」など称賛の声が続出。

 また、番組へは「まともなこと言えるのが北村弁護士だけて。グッディ終わってる」「安藤優子はやっぱり吉本擁護」「吉本も酷いけどあんな少し発言しただけで焦らせるジャニーズ…闇が深そう」といった声も上がった。

 連日の報道で、擁護や忖度といった声が飛び交っている中、北村弁護士の潔い物言いは視聴者をスカッとさせたようだ。

関連記事(外部サイト)