ゆにばーす・川瀬名人、吉本興業に感謝の投稿 給料公開への“批判リプ”を軒並み論破

ゆにばーす・川瀬名人、吉本興業に感謝の投稿 給料公開への“批判リプ”を軒並み論破

ゆにばーす・はら、川瀬名人

 吉本興業・岡本昭彦代表取締役の会見を受けて、同事務所所属の芸人が内情を暴露。一回の出演料が1円だった、一週間海外に行って給料が2万円だったなどなど、ネットでは、カオス状態になっている。そんな中、M-1グランプリで2年連続ファイナリストになったゆにばーす・川瀬名人と、大阪で活躍中の金属バット・友保隼平が、自身の給料を公開して、ネットをざわつかせた。

 川瀬は「7月の給料は377,043円でした。楽屋でゴロゴロしながら出番なって10分喋って帰ってきてタピオカミルクティー買いに行って出番なって10分喋ってHuluでアニメ見て出番なって10分喋ってという大変な仕事の日もありましたが吉本興業感謝。10万のマットレスと1万の枕を買います。」とツイート。友保も「ちょっと減ったぞ!」とのつぶやきと共に、給料明細(325,307円)の写真をアップした。

 「一部、彼らの行動に苦言を呈した人もいるようですが、彼らは毎月給料を公開しています。そういった輩を川瀬はいつも論破するのですが、ほとんどがツイートを消して逃げる……。何も知らないネットユーザーが、わざわざリプして怒りをぶつけて、恥ずかしいですよね。何でもかんでも叩けばいいと言うのは考えものですよ。一回、自分のその行動が、恥ずかしくないものなのか考えてから、ツイートするべきです」(エンタメライター)

 吉本のギャラの配分が9:1などと揶揄されることがあるが、岡本社長は5:5や6:4だとコメントしている。配分は置いておいても、結果さえ残せば、普通に生活できるほどの給料をもらっていることが分かる。

 「サバンナ・高橋茂雄もワイドショーで、『仕事頑張っていい感じになっていけば、もちろん給料は上がっていきますし、ちゃんとしたお金をもらえるようになる』と語っています。文句を言っている芸人は、それほど努力したのでしょうか? 舞台のネタなんて長くて10分。時給換算すると、高いと感じますけどね」(同上)

 吉本に苦言を呈する芸人もいれば、感謝をする芸人もいる。果たして、この騒動はどう収束して行くのだろうか?

記事内の引用について
ゆにばーす・川瀬名人公式Twitter https://twitter.com/UniverMeijin
金属バット・友保隼平公式Twitter https://twitter.com/kinzokutomoyasu

関連記事(外部サイト)