ジャニーズへの忖度発覚でマツコの好感度が心配の中、元SMAPとの新番組案が浮上

ジャニーズへの忖度発覚でマツコの好感度が心配の中、元SMAPとの新番組案が浮上

マツコ・デラックス

 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾のテレビ出演をめぐり、ジャニーズ事務所がテレビ局に3人を出演させないよう圧力をかけたとして、公取委が独占禁止法違反のおそれがあるとして注意したことが明らかにったが、タレントのマツコ・デラックスが稲垣との共演を拒否していたと、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じた。

 ジャニーズから独立後、稲垣が初めて生放送に出演したのが、17年10月24日放送の情報番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)。同誌によると、番組の反響は大きく、MXと稲垣サイドは、稲垣を準レギュラーとして起用することを検討。稲垣サイドは月に1度の出演を提案したという。

 しかし、この話を知ったマツコの事務所がMXの担当者に、「稲垣を出すならマツコは降板する」と申し入れたたため実現しなかったという。

 マツコといえば、関ジャニ∞の村上信五と「月曜から夜ふかし」(日テレ系)を始めた頃から、ジャニーズ事務所と急接近。村上の紹介で事務所の幹部とも頻繁に食事をする間柄になったため、ジャニーズに忖度したようだ。

 マツコといえば、元SMAPの木村拓哉と高校の同級生として知られ、テレビ番組でも共演した。そこで、新たな番組案が浮上しているという。

 「なんとかマイナスイメージからの脱却を図りたいキムタクだが、勢いを失ってしまっている。そこで、高校の同級生のマツコとMCを務める新番組案が浮上。となると、マツコは今後も元SMAPの3人と共演するわけにはいかないだろう」(芸能記者)

 キムタクの再ブレークは同級生のマツコに託されることになりそうだ。

関連記事(外部サイト)