『サンモニ』、張本氏出演のコーナーに異変? MLBを取り上げずスルー、ダルビッシュが原因か

『サンデーモーニング』週刊御意見番コーナーに異変 張本氏とダルのバトルが原因か

記事まとめ

  • 『サンデーモーニング』週刊御意見番コーナーに異変があったとして視聴者は騒然
  • 張本勲氏がコーナー終盤でMLB日本人選手を取り上げ評論していたが、この日はスルー
  • 佐々木郎希投手を巡る張本氏とダルビッシュ有の場外バトルが要因とも

『サンモニ』、張本氏出演のコーナーに異変? MLBを取り上げずスルー、ダルビッシュが原因か

『サンモニ』、張本氏出演のコーナーに異変? MLBを取り上げずスルー、ダルビッシュが原因か

張本勲氏

 4日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)の週刊御意見番コーナーに「ある異変」が起こり、騒然とする一幕があった。

 番組は元ラグビー日本代表の大畑大介氏を迎え、いつも通りプロ野球の話題を取り上げる。しかし、普段はセパ6試合を取り上げるが、この日は3日のセリーグ首位攻防の横浜DeNAベイスターズ対読売ジャイアンツ戦と、北海道日本ハムファイターズ対福岡ソフトバンクホークス戦を取り上げるのみで、後はフリップの扱い。

 その後、プロ野球の珍プレーを取り上げると、話はラグビーのパシフィック・ネーションズカップ第2戦日本対トンガの話題に。ここでは、専門家の大畑氏がプレーを詳細に解説し、張本氏の出る幕はなかった。

 次に長時間放送されたのは、競走馬ディープインパクトの死。ここでは2分程度、唐橋ユミが手作りフリップを使ってその生涯を説明。そして最後は、7月29日に開催された「サントリードリームマッチ2019」の話題。張本氏が代打で登場し四球を選ぶが、大畑氏は「張本さんにはバット振ってもらいたかった」と喝を入れる。そして、そのままコーナーが終了してしまう。

 この措置に違和感を覚える人が続出。その理由は、番組終盤に設けられていたメジャーリーグの話題が一切なかったこと。これまでの放送では、コーナー終盤にメジャーリーグ日本人選手を取り上げ、張本氏が評論していたのだが、この日は話題の記載されたフリップにも記述がなく、完全に「スルー」だった。

 この措置の要因として囁かれているのが、張本氏とシカゴ・カブスのダルビッシュ有投手との場外バトルだ。7月28日分の放送で、大船渡・佐々木郎希投手について、「投げさせるべき」「怪我を恐れるならスポーツ選手を止めたほうがいい」と断罪したことを、ダルビッシュ投手が自身のTwitterで批判すると、張本氏も週刊文春デジタルのインタビューで「チンピラみたいなことをしゃべらないで、Twitterに書き込まないほうがいい」と苦言を呈し、異例の場外バトルを繰り広げており、4日の放送では張本氏の言動が注目されていた。

 そんな中、番組と張本氏の答えは「ダルビッシュの話題を取り上げない」ことだった様子。注目していたネットユーザーからは「スルーは酷い」「なんらかのアクションを起こしてほしかった」「投げさせるべきという意見を支持していた。黙らず反論してほしかった」という声が上がった。

 メジャーリーグを取り上げない措置については、今週のみの可能性もあるが、張本氏を支持する人からは「何らかの反論」が聞きたかった様子。すべてを「スルー」してしまった対応に失望した人は多かった。

関連記事(外部サイト)