マツコ、ジャニーズへの“忖度報道”を必死で否定した事情 元SMAPとの共演は近い?

マツコ、ジャニーズへの“忖度報道”を必死で否定した事情 元SMAPとの共演は近い?

マツコ・デラックス

 先週発売の「週刊文春」(文芸春秋)で、元SMAPの稲垣吾郎との共演を拒否していたことを報じられたタレントのマツコ・デラックスだが、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)で真っ向から反論した。

 「文春」によると、ジャニーズから独立後、稲垣が初めて生放送に出演したのが、2017年10月24日放送の情報番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)。

 番組を気に入った稲垣サイドは、同番組に月1回の出演を提案したという。しかし、この話を知ったマツコの事務所がMXの担当者に、「稲垣を出すならマツコは降板する」と申し入れたため、実現しなかったというのだ。

 その原因として、マツコは、関ジャニ∞の村上信五と「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)のMCを務めているため、すっかり親ジャニーズ。そのため、ジャニーズへの“忖度”があったのではとされた。

 「週女」に対してマツコは、「文春の上司が都合いいように書き換えたのよ。ちゃんと話したのに、全然書いてくれない!」と怒り心頭。

 また、MXは稲垣のために、ほかの番組を用意しようとしたが、「それを断ったのは吾郎ちゃんのマネージャーさんだからね。“マツコと一緒じゃないとイヤだ”って」と説明したが、マツコが反論したのは、それなりに理由があるようだ。

 「マツコは来年の東京パラ五輪に向け設立された、日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)の顧問に名を連ねています。そして、元SMAPの3人はパラサポのスペシャルサポーターを務めています。日本財団の笹川陽平会長は、公取委が注意したジャニーズが元SMAPの3人のテレビ出演に圧力をかけた問題で、ブログで3人のテレビ復帰を要望。マツコは顧問から外されないため、反元SMAPでないことをアピールする必要があったのでは」(芸能記者)

 元SMAP3人との早急な共演が望まれる。

関連記事(外部サイト)