お騒がせ芸能人夫婦3組が離婚危機を告白したワケ ネットの声に共通点?

お騒がせ芸能人夫婦3組が離婚危機を告白したワケ ネットの声に共通点?

木下優樹菜、FUJIWARA・藤本敏史

 毎年多く誕生する芸能人夫婦。多くの芸能人がSNSアカウントを開設している現在、芸能人夫婦のプライベートの様子も垣間見ることもできるようになっている。そんな中、メディアなどでかつて離婚危機を迎えたことを告白した芸能人夫婦がいる。

 「6月に12回目の結婚記念日を迎えた辻希美・杉浦太陽夫婦ですが、7月3日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)の中で、『結婚3年目と5年目で2回ヤバかった』と2回の離婚危機が訪れたことを告白。辻は母になったことで甘えることができなくなったと明かしましたが、意識的にイチャイチャすることで危機を乗り越えたことを明かしました。

 また、藤本敏史・木下優樹菜夫妻も、木下が6月11日放送の『グータンヌーボ2』(関西テレビ)の中で、藤本から5回ほど離婚届を持って来られたことを告白。しかし、名前を記入すると、その場で破られたと笑いながら話していました。木下は翌月8日のインスタグラムポストで、この“離婚危機”への反響に触れ、『私が21歳から10年一緒にいて今年の夏に結婚9年目突入しますが2人でランチしたり TV電話したり…相変わらずやってますよ』と説明していました。

 さらに、中尾明慶・仲里依紗夫妻は、中尾が18年7月20日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した際、喧嘩して3日間家出をしたことを告白。また、同年6月7日に都内で行われたイベントに出席した際には、喧嘩した際、『どっか行けよ』と暴言を吐いたことも明かしており、『仲里依紗は冷めてそう』『愛想尽かされそう』などの声が聞かれました」(芸能ライター)

 しかし、この3組には意外な共通点があるという。

 「実は3組とも、SNSでは頻繁に夫婦仲の良好さをアピールし、たびたびツーショット写真をアップしているという点です。ただ、過剰なアピールがネットユーザーから嫌われることも多く、辻希美夫妻はもちろん、あとの2組についても『夫婦円満アピールすればするほど、実は冷めきってるパターンとしか思えない』『芸能界のおしどり夫婦ほど、信じられないものはない』などの厳しい声が集まっているのが現状。プライベートを晒しすぎる芸能人が往々にして嫌われがちなように、夫婦仲の良好さをアピールする芸能人も嫌われがちになってしまうようです」(同)

 SNSでは仲のいい写真ばかりアップしているものの、実際に掘れば喧嘩エピソードは多数。喧嘩をしない夫婦は少ないものの、そのギャップにネットユーザーは幻滅してしまうようだ。

記事内の引用について
木下優樹菜公式インスタグラムより https://www.instagram.com/yuuukiiinaaa

関連記事(外部サイト)