気付いたら不倫相手を養っていた小泉今日子

気付いたら不倫相手を養っていた小泉今日子

小泉今日子

 昨年2月にそろって不倫交際を宣言していた、歌手で女優の小泉今日子と俳優の豊原功補の近況を、発売中の「女性自身」(光文社)が報じている。

 以前から交際が報じられていた2人だが、昨年2月1日、突如小泉が、デビュー以来所属していた事務所から独立したことと、豊原との交際を、2015年に設立した制作会社、株式会社「明後日」の公式サイトで発表した(現在は削除)。

 同3日に豊原は都内で会見。小泉との交際がきっかけで妻と別居中であることを明かしたが、小泉との結婚については「これまでそういう話になったことは一度もないので、ちょっと言えない」と言葉を濁した。

 「小泉が独立したのは、芸能界の実力者が率いる大手事務所。そのため、これまで豊原との不倫スキャンダルがあっても仕事に影響はなかったが、独立してしまったので、“防波堤”がなくなってしまった」(テレビ局関係者)

 今年5月には、豊原が脚本・演出などを務めた舞台のPRイベントで、2人は不倫を公表後、公の場で初めてとなる2ショットを披露していた。

 そんな2人の近況だが、同誌によると、2人はプロデューサーに名を連ねる映画「ソワレ」の公開に向けて、資金集めやPRに奔走中。

 豊原は仕事が減って経済的に苦境。収入の大部分が、「明後日」から支払われている演出料や出演料だという。

 そんな“いばらの道”を見越して、小泉は都心の一等地に所有していた自宅マンションを3億円で売却し、当面の活動資金を捻出。節約のためか電車で移動しているというのだ。

 「昔カタギの小泉だけに、豊原を養う覚悟を固めたのだろう。あと2年もすれば事実婚状態であることが認められるはず。2人のプロデュースとなれば、映画も話題になりそうだ」(芸能記者)

 なんとしても映画を当てたいところだろう。

関連記事(外部サイト)