二宮和也と引っ越し報道の伊藤綾子が嫌われ続けるワケ ファンからのバッシング日々増加

二宮和也と引っ越し報道の伊藤綾子が嫌われ続けるワケ ファンからのバッシング日々増加

伊藤綾子

 16年7月に初めて2年ほど交際していることが明らかになって以降、これまで少なくとも5年以上に渡って交際を続けているともうわさされる嵐の二宮和也とフリーアナウンサーの伊藤綾子。一部で半同棲も報じられていたふたりだが、今年7月、二宮がその「愛の巣」から引っ越したことが明らかになった。

 「報道後も順調に交際を続けていたふたり。一時は『結婚間近』とも報じられましたが、嵐が2020年で活動休止することを発表したため、活動休止までは結婚しないとみられています。しかし、二宮ファンからの伊藤に対するバッシングは収まることなく、報道があるたびにバッシングが過熱。半同棲のマンションの住所が特定されたこともあり、ふたりは引っ越しをしたようです」(芸能ライター)

 ジャニーズタレントとの熱愛報道が出た女性芸能人の多くはファンからのバッシングを受けがちだが、その中でも伊藤は特にバッシングを受けているひとり。それには理由があるのだという。

 「実は伊藤、これまでにブログで二宮の私服と同じものを着た写真や、仕事で二宮に贈られた花束をブログにアップしたり、松本潤が購入して二宮に贈ったTシャツを番組で着用していたりなど、交際を匂わせる行動が多い。また、二宮が好きなハンバーグを頻繁に作ってブログに掲載したり、16年の二宮の誕生日後には左手薬指に指輪をしてメディアに登場するなどしてきました。この匂わせ行動があるたびにファンは怒りをあおられた形に。伊藤自身の行動が過激なバッシングを生んでしまっていたようです」(同)

 同じジャニーズ事務所でいえば、7月2日発売の『女性自身』でKAT-TUNの中丸雄一の交際が明らかになったが、ファンからは「おめでとう」「もう35歳だし、結婚考えてもいい年だと思う」といった祝福の声が殺到している。過剰な匂わせでファンからの反感を買ってしまった伊藤。幸せに結婚できる日は来るのだろうか――。

関連記事(外部サイト)