『5時に夢中』は「サバイバル」? マツコが意味深発言、N国のスタジオ前抗議に言及は

マツコ・デラックス、TOKYO MX『5時に夢中』でN国・立花氏の抗議めぐりメッセージか

記事まとめ

  • 『5時に夢中』で世界各国を訪れた旅人が登録できる就職エージェントの記事が話題に
  • マツコ・デラックスは番組スタッフならどういった括りでの採用になるのかを考えた
  • マツコは「打たれ強い?」と話し視聴率番外地から人気番組となった『5時夢』を評した

『5時に夢中』は「サバイバル」? マツコが意味深発言、N国のスタジオ前抗議に言及は

『5時に夢中』は「サバイバル」? マツコが意味深発言、N国のスタジオ前抗議に言及は

マツコ・デラックス

 8月19日放送の『5時に夢中』(TOKYO MX)で、世界各国を訪れた旅人だけが登録できる就職エージェントを取り上げた『朝日新聞』(朝日新聞社)の記事が話題となった。

 これを受け、マツコ・デラックスは「旅人だから全員採用とかにはならないだろうけど、画期的だと思うのは何かを経験したことがある、日頃取り組んでいる人で括る求人サイトができたらわかりやすいよね」とコメントし、ふかわりょうが「ヤンキー採用とかもありましたしね」と話し、番組のスタッフならどういった括りでの採用になるのかといった話題になった。

 マツコはしばし沈黙ののち、「打たれ強い?」と話し、笑いを誘っていた。さらに、その後は「打たれ強いというのは状況でしか判断できない」「あらかさまにこの局はいろんな意味で劣ってるわけじゃない。その中でどうにか生き延びてきた。本当実地で身についたサバイバル能力というか」と話し、視聴率番外地からマツコを始めアクの強いコメンテーターを揃えることで、「夕方のワイドショー」として人気番組となった『5時夢』を評した。マツコはさらに「ほかにやりようがあったと思うのよ。15年間やらなくても。打たれ強いとも違う? 我慢強い?」とも話していた。これには、ネット上で「これは褒め言葉だろうな」「マツコなりの『5時に夢中』愛が感じられる」といった声が聞かれた。

 この日は先週に引き続き、「N国」こと「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表が放送に合わせて、スタジオ前で抗議行動を行っていた。この番組は公開生放送で、外側の風景が見える形となっている。先週の放送では、番組の途中からブラインドがかけられたが、今週は開始当初から隠されたままだった。番組内でも特に言及はなかったが、マツコのさりげない一言は「番組は継続させる」「降板はしない」といったメッセージとも取れそうだ。

関連記事(外部サイト)