古市憲寿氏、“ロンブー亮がいると思って”『おかべろ』に出演 吉本へのツッコミに岡村も固まる?

古市憲寿氏、“ロンブー亮がいると思って”『おかべろ』に出演 吉本へのツッコミに岡村も固まる?

ナインティナイン・岡村隆史

 8月20日深夜放送(関西地区は17日)の『おかべろ』(フジテレビ系)に、社会学者の古市憲寿氏が出演した。古市氏はワイドショーなどで見せるセミフォーマルな姿とは異なり、無造作ヘアとアロハシャツで登場した。これは、関西ということで、意識してきた姿なのだろうか。

 この日の放送では、闇営業問題で芸能活動休止中のロンドンブーツ1号2号の田村亮に代わって、FUJIWARAのフジモンこと藤本敏史がアシスタントに登場した。

 だが、古市氏は登場するやいなや、「亮さんがいるって聞いたんで」とブッコミ。さらに、「お二人はどっち派に付くんですか?」と続けた。これにはスタジオは引き気味であり、テロップでは「注:7月25日に収録されたものです」と説明された。

 これには、フジモンはどっち派もないとし、「ファミリーやん」と、これまたビビッドなフレーズで返し、岡村も「吉本は地球や地球!」と話し、笑いを誘っていた。これを受け、ネット上では「これ、すごいやりとりだな」「古市、アウェーの関西でも生き生きしているな」といった声が聞かれた。

 2025年に開かれる大阪万博についても、吉本興業が深く関わっている点を引き合いに出し、「おたくの会社がいろいろとお金を突っ込んでいる」と話すと、岡村は無表情で固まっていた。さらに、岡村がこれから芸人としてどう生きたいかといった真面目な話にも、古市氏は「吉本背負うとか、『岡村動きます』とかじゃないんですね」とダウンタウンの松本人志のフレーズも用いてイジり、なおも岡村は無表情に。これには、ネット上で「まるでコントじゃん」「岡村、普段はこの番組はローテンションだけど、今日は生き生きとしているな」といった声が聞かれた。

 岡村はラジオ番組の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)などで、古市氏のキャラクターをかなり面白がっていただけに、今後も新たなコラボが見られるかもしれない。

関連記事(外部サイト)