赤西仁の浮気性が治らない? 妻・黒木メイサの怒りを鎮めた親友とは【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】

赤西仁の浮気性が治らない? 妻・黒木メイサの怒りを鎮めた親友とは【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】

黒木メイサ

 29日発売の『週刊新潮』(新潮社)が、元KAT-TUNの赤西仁と妻で女優・黒木メイサ夫妻が一家で米・ハワイに移住すると報じた。すると、同日に赤西は自身のツイッターを更新し、「ハワイ移住報道」を否定した。

 同誌によると、ハリウッド進出を目指す黒木がなぜか米国本土ではなく、ハワイに移住を選択。判断の背景には、赤西の影響が後押ししたのでは、としており、黒木の事務所は「まもなくハリウッドの仕事も決まる予定です」と認めた。

 すると、赤西はこれに対し、「おいおいおいスイートパワー(=黒木の所属事務所)の社長さんよ!オレの住処勝手に決めんなよ!」と反論。その後、黒木の事務所は、「あくまで日本を拠点にして、ワールドワイドな活動を視野に米国をはじめとした世界各地をフレキシブルに移動するという意味です。移住ではありません」と否定した。夫婦は世界各地を股にかけながら活動していくようだ。

 赤西というと、ジャニーズJr.を経て2001年に、KinKi Kids・堂本光一の専属バックダンサーとして結成されたKAT-TUNのメンバーに選ばれた。

 2005年1月から、同グループのメンバー・亀梨和也とともに出演したドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)第2シリーズでブレイク。06年3月、同グループは『Real Face』でCDデビューし、一気にスターダムを駆け上がった。

 だが、同グループはジャニーズの中でもお騒がせ的な存在。実際、すでにメンバー6人中、3人が脱退している。かつて、グループ内でも一番人気を誇った赤西だが、「方向性の違い」から10年7月にグループを脱退。

 野放図な赤西は、2012年2月に黒木と突如デキ婚を発表。双方の事務所には報告せずに入籍し、事後報告という前代未聞のスキャンダルで大きな話題となった。その勝手さには、業界のみならず世間からも批判を浴びた。“寝耳に水”のジャニーズ事務所からは、当然の如くペナルティを食らった赤西。やがてメディアから干され、14年2月に同事務所を退所した。

 退社後は仕事が激減した赤西に代わって、黒木が女優業に専念。赤西は育児をこなしながら黒木をサポートしていると報じられた。だが一時期、収入が安定しない赤西に愛想をつかした黒木との関係が、離婚危機に瀕しているとの説もあった。

 「退所後も同事務所のタレントとつながりがあったみたいです。無類の酒好きで知られる赤西は『赤西軍団』を率い、夜の街でたびたび問題を起こし、過去には一般人とのトラブルもありました。赤西は既婚者であろうが、女性関係は相変わらずバブリーだったようです。仕事が不安定な上に、トップアイドルたちと宴を連日連夜開催し、参加していた女性たちとの一夜限りの関係は日常茶飯事だったともっぱら噂でした」(芸能ライター)

 そんな赤西のプライベートを、2015年3月に『FRIDAY』(講談社)が報じた。記事によると、ホワイトデーに夫妻が愛娘を連れた台湾料理店での食事の席に、赤西と親交のある俳優・城田優が同席していたという。一見和やかな光景ではあるが、赤西の“浮気癖”は父親になっても“完治”せず、あるモデルに夢中で連日密会しているという証言が掲載されていたのだ。

 「ネット上では、浮気がバレて気まずい赤西が、親友の城田に喧嘩仲裁の役を買ってもらったのでは、との指摘が上がりました。城田は、“軍団”の一員として赤西らとともに“羽目”を外しまくる同志でもあるようです。城田は夫婦の愛娘にも懐かれているほどで、黒木とも仲が良いと聞いています。記事の真相は不明ですが、この件で険悪になった夫婦仲を取り持ったのではないでしょうかね」(前出・同)

 天賦の才能を武器に、夫妻はさらなる活躍の場を広げ全米デビューの野望を抱いているようだ。突拍子な赤西の行動は常に注目を集めているが、批判が多いことも確か。ソロでは軌道に乗ってきたが、全米デビューはそう甘くはないだろう。

関連記事(外部サイト)