本田翼、女優としての正念場? 「ゴリ押し」の汚名返上できるか

本田翼、女優としての正念場? 「ゴリ押し」の汚名返上できるか

本田翼

 女優の本田翼が、10月3日スタートの日本テレビ系ドラマ「チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜」に主演することを、一部スポーツ紙が報じた。

 記事によると、同ドラマは、クセ者ぞろいのスペシャリスト集団「チート」が、悪徳詐欺師を逆にだまし返して懲らしめていく痛快ストーリー。

 本田は、人の心を見抜くことにかけて天才的な能力を持ち、チートの頭脳的存在として活躍する星野沙希役。本業は、如月モモの芸名で売れないアイドル活動をしているという役どころだという。

 共演者は、沙希とバディを組むアイドルオタクの警察官・加茂役を若手俳優の金子大地、警視庁の刑事で、チートの創設者である安斎和毅を風間俊介が演じる。

 「今年1月からTBS系で放送された『ゆうべはお楽しみでしたね』以来の連ドラ主演だが、放送枠は『ゆうべは』に続いて深夜ドラマ。さすがに、ゴールデン・プライム帯で主演を張れるほどの数字は持っていない」(テレビ局関係者)

 今年はほかにも、フジの4月期の月9ドラマ「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」でヒロインを務め、映画「空母いぶき」には記者役、同じく映画「新聞記者」には松坂桃李演じる主人公の官僚の妻役で出演するなど売れっ子だが、実は、女優としては正念場を迎えてしまっているようだ。

 「『空母』でも『新聞記者』でも、芝居が下手過ぎて浮きまくってしまっている。もともと、演技の基礎がなく、本人も向上心がないので演技力を磨こうとしていない。事務所のゴリ推しもあって仕事のオファーが途切れないが、このままだと年齢を重ねるにつれてどんどん仕事が減ってしまうだろう」(芸能記者)

 本人がそのことをしっかり自覚しているかが気になるところだ。

関連記事(外部サイト)