爆問・太田、ジャニー氏のお別れ会出席は“奇跡”? 昨年の問題発言にお咎めがなかったワケ

爆問・太田、ジャニー氏のお別れ会出席は“奇跡”? 昨年の問題発言にお咎めがなかったワケ

爆笑問題・太田光

 4日に東京ドームで行われた、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏のお別れの会には、ジャニーズ事務所所属以外に多数の芸能人が参列したが、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光と田中裕二が参列し、囲み取材に応じた。

 各スポーツ紙によると、ジャニー氏の人柄について聞かれた太田は、「なかなかごあいさつができなかったけど、実際お会いしたら、遠慮がちで『私は裏方なんで…』みたいな感じの人」。

 今年の1月に帝国劇場での舞台に招待されたという田中は、「その時に初めてジャニーさんにお会いした。優しくて、すごく気遣いをしていただき、イメージ通りの印象だった」と明かしたという。

 「太田は珍しくしんみりとした表情で、毒舌を封印していた。それにしても、あんな1件があったのに、よくジャニーズは爆笑問題に招待状を送ったもの」(お別れ会を取材した記者)

 その1件とは、昨年2月のこと。太田光は脚本・監督を務める、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾らが出演するオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』のうち、草なぎ主演『光へ、航る』の製作発表会見に出席。

 太田は報道陣から「“クソ野郎”のイメージは?」と聞かれると、「うーん、どうだろうね……メリーさん……とか言っちゃダメだよね」とジャニーズのメリー喜多川副社長の名前を出す暴走ぶり。

 さすがにマズイと思ったか、すかさず太田は「冗談ですよ!」と自らフォロー。隣の草なぎも、「(今日は相方の)田中(裕二)さん、いませんからね」とやんわりたしなめたというが、このやりとりを一部で報じられてしまったのだ。

 「なんとかして周囲が、メリー氏の耳に太田の発言を入れないようにしていたのでは。メリー氏に伝わっていたら激怒して、爆笑問題は呼ばなかったはず」(芸能記者)

 元SMAPの3人との仕事が多い爆笑問題だが、今後、ジャニーズタレントとの共演も増えそうだ。

関連記事(外部サイト)