ジャニーズの幹部にとってシャレにならない事態が起きそうな『氣志團万博』

ジャニーズの幹部にとってシャレにならない事態が起きそうな『氣志團万博』

田原俊彦

 7月9日にジャニーズ事務所・ジャニー喜多川社長が死去。その数日後、ジャニーズの所属タレントや一部関係者のみが参列した家族葬が、今月4日には、東京ドームでお別れ会が開催されたが、どちらにも出席しなかったのが、ともにジャニーズの歴史に名を刻んだ功労者であるトシちゃんこと田原俊彦、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の4人だった。

 「田原は、ジャニー氏への追悼コメントすら出さなかったが、『別れたくない』という意志でお別れ会に出席せず。元SMAPの3人はお別れ会当日、仕事が入っていたが、現場に行くことによる混乱を避けたかったようだ」(テレビ局関係者)

 そんな4人だが、今月15日に千葉・袖ケ浦海浜公園で開催される、人気バンド・氣志團主催の音楽フェス「氣志團万博2019」で同じステージに立つことになった。

 タイムテーブルによると、4人は2つあるステージのうち、片方でパフォーマンスの予定。午後5時10分から田原、午後6時半から元SMAPの3人がステージに立ち、大トリの氣志團につなぐ。

 氣志團の綾小路翔は先月9日、TOKYO MX「5時に夢中!」にゲストとして生出演。同イベントに言及し、「もしかしたら、このイベントでしかできないようなことが起きるんじゃないか」とサプライズを予告した。

 「ジャニーズを退所した田原だが、メリー喜多川副社長に嫌われていたこともあり、長年干された。一方、元SMAPの3人は3人を率いる元SMAPのチーフマネジャーがメリー氏と対立。同じような境遇の4人がイベントで共演して話題になるようなことがあれば、ジャニーズの幹部としてはシャレにならないはず。同イベントに報道陣は呼ばないようなので、サプライズがあればネット上で拡散することになりそうだ」(芸能記者)

 果たして、同日のステージで何が起きるのだろうか。

関連記事(外部サイト)