TOKIO長瀬、レギュラー番組以外のオファーを拒否か 大イベントオファーで退所もかなわない?

TOKIO長瀬智也、レギュラー番組以外のオファーを拒否か 次のジャニーズ退所者候補?

記事まとめ

  • 関ジャニ∞錦戸亮がジャニーズ退所を発表したがTOKIO長瀬智也が次の退所者候補に浮上
  • TOKIOは山口達也氏脱退で音楽活動ができず、長瀬は不満でオファーを受けていないそう
  • 松岡昌宏は俳優業、国分太一はキャスターやMC業、城島茂はキャスター業をこなしている

TOKIO長瀬、レギュラー番組以外のオファーを拒否か 大イベントオファーで退所もかなわない?

TOKIO長瀬、レギュラー番組以外のオファーを拒否か 大イベントオファーで退所もかなわない?

画像はイメージです

 以前から脱退の可能性が報じられていた関ジャニ∞・錦戸亮が9月末でジャニーズ事務所を退所することを発表。そして、次の退所者候補として名前が挙がっているのが、TOKIOの長瀬智也だという。

 「昨年、ベースの山口達也が脱退。そのため、今年デビュー25周年にもかかわらず、全く音楽活動ができなくなってしまった。それに不満を募らせている長瀬は、もはやグループで出演している番組以外のオファーを受け付けない状態になってしまった」(テレビ局関係者)

 ほかのメンバーといえば、松岡昌宏は俳優業、国分太一はキャスターやMC業、城島茂はキャスター業を意欲的にこなしているだけに、音楽活動がなくても不満を抱いている様子はないが、どうやら、長瀬は根本的な勘違いをしているようだ。

 「長瀬がTOKIOのボーカルだからこそ、ファンに支持されているのは紛れもない事実。例えば、KAT―TUNをやめてもソロ活動を軌道に乗せている赤西仁のように、長瀬自身の音楽性そのものが支持されているわけではない。そのあたりの感覚がすっかりまひしてしまっているようだ」(レコード会社関係者)

 東京五輪・パラ五輪の開催まで1年を切ったが、TOKIOは同五輪の「フラッグツアー」のスペシャルアンバサダーを務めていた関係で、五輪関係の仕事のオファーも入っているようだ。

 「昨年2人抜けたばかりなのに、また1人抜けてしまったら格好が付かない。ファンクラブの会員数はそこまで多くはないが、ボーカルの長瀬が抜けたらコンサート開催の可能性は消滅する。そうすると、入会していてもメリットがないので大量に退会者が出そう。長瀬が脱退すると甚大な損失をジャニーズに与えることになる」(芸能記者)

 自分の立場をわきまえて、前向きに仕事をこなした方が良さそうだ。

関連記事(外部サイト)