秋元康氏、今後も卒業後の坂道メンバーを積極起用? 酷評された西野七瀬の二の舞いか

秋元康氏、今後も卒業後の坂道メンバーを積極起用? 酷評された西野七瀬の二の舞いか

秋元康氏

 田中圭と原田知世がW主演した日本テレビ系ドラマ「あなたの番です―反撃編―」の最終回(8日放送)の平均視聴率が19・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したが、同局としては万々歳だったわけではなかったようだ。

 「あまりにもモヤモヤした終わり方だったため、日テレに苦情の意見が殺到したようだ。おまけに、真犯人は元乃木坂46の西野七瀬演じる黒島だったが、あまりにも演技が下手過ぎてネット上で酷評された」(テレビ局関係者)

 2月に乃木坂を卒業した西野。グループ時代から映画「あさひなぐ」やテレビ東京系のドラマ「電影少女−VIDEO GIRL AI 2018−」で主演を務めていた。

 今回のような超話題作で物語のキーマンを演じるには時期尚早だったようだが、「あなた〜」の企画・原案を手掛けたのは乃木坂の総合プロデューサーを務める秋元康氏。秋元氏のプッシュがあれば、西野をねじ込むことなどあまりにもたやすいことだったが、今後も同じような事態が起こりそうだというのだ。

 「今後、乃木坂、欅坂、日向坂の『坂道シリーズ』から主力メンバーが続々と卒業することになる。その中で女優を志し、秋元氏が推しの元メンバーたちは、秋元氏が関わるプロジェクトに呼ばれることになるだろう。とはいえ、それなりの演技力を発揮できなかった場合、西野の二の舞いになってしまう。酷評に耐えられるメンタルがあるかどうかも重要」(芸能記者)

 坂道シリーズの元メンバーの中では、昨年欅坂を卒業した今泉佑唯が3月に上演された舞台初出演作「熱海殺人事件 LAST GENERATION 46」が高評価を受けた。本来なら、今泉のような道を歩むべきなのだが…。

関連記事(外部サイト)