地元千葉に1000万円寄付が話題のYOSHIKI、意外な資金源は 24時間テレビに500万円持参したことも

地元千葉に1000万円寄付が話題のYOSHIKI、意外な資金源は 24時間テレビに500万円持参したことも

X JAPAN・YOSHIKI

 X-JAPANのYOSHIKIが、台風15号により大きな損害を受けた千葉県のために1000万円を寄付し、話題となっている。YOSHIKIは千葉県館山市出身である。千葉県の中でもとりわけ台風被害が大きかった地域である。YOSHIKIは9月18日のツイッターで「長年にわたって海外を拠点に活動していますが、 故郷を思う気持ちは変わっていません。 このような事しか出来なくてごめんなさい。 少しでも力になれればと思い... 心より復興を祈っています」とメッセージを寄せている。

 これを受け、ネット上では「YOSHIKIの地元愛が感じられる」「今回も1000万円をポンと出すのはすごいな」といった声が聞かれた。

 YOSHIKIは慈善活動に力を入れていることで知られ、今年8月に発生した京都アニメーション放火事件でも1000万円の寄付を行っている。このほか、2018年の北海道胆振東部地震、2016年の熊本地震でもそれぞれ1000万円を寄付。さらに、日本国内ばかりにとどまらず、今年4月に起こった韓国の森林火災では1億ウォン(約900万円)、2017年8月にアメリカを襲ったハリケーン被害では2万5千ドル(約285万円)の寄付を行っている。

 YOSHIKIは世界的なミュージシャンであり、ある程度の稼ぎはあるだろう。だが、なぜここまで多額の寄付を継続できるのだろうか。

 「YOSHIKIは2010年に、非営利の公益法人である『Yoshiki Foundation America』を設立しています。専用の基金を設立することにより、手元にあるお金を寄付するばかりではなく、資産運用などで継続的な支援が可能となっているのです。2011年に発生した東日本大震災では、チャリティーオークションにX-JAPANのコンサートで使用したピアノを出品しています。私物オークションはほかの機会にもことあるごとに行われています」(芸能関係者)

 2018年には『24時間テレビ:愛は地球を救う』(日本テレビ系)へノーギャラ出演と、500万円の募金を持参したことも話題となった。YOSHIKIの慈善活動はこれからも注目を集めそうだ。

記事内の引用について
YOSHIKIのツイッターより
https://twitter.com/YoshikiOfficial

関連記事(外部サイト)